みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

戸塚区小雀町の「柳屋食堂」で特製ワンタンメン

 

田谷の交差点の近く。

ちょっと奥まったところにあります。

 

正直、こんなところに中華屋さんが!? 

 っと叫びたくなるような立地にあります。

 

しかし、そんな目だなないところにありながら、いつもお店の前の駐車スペースは埋まってそこそこお客さんが入り、出前の注文もひっきりなしな感じですね。

 

f:id:yokohamamiuken:20210903142513j:image

 

この店は食べログが出来る前に、何度か来たのかな。

この度、ずいぶんと久々な再訪となりました。

 

店内は4人がけテーブル×4、4人がけ小上がり×2という体裁。

小上がりがあると、自宅みたいにダラダラしちゃうのよね♪

 

やはり電話がよくかかってきて、出前の注文もひっきりなしみたい。

配達するのも大変でしょう!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210903142525j:image

 

さて、みうけんはワンタンメンが好きなのです。

という事で、この時も注文は

 

「特製ワンタンメン」(650円)

 

で決まりだなっ!!

 

5分くらいの待ち時間で、へ〜いと運ばれてきたワンタンメン。

おぉ、ごま油の香りが効いてるなぁ!!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210903142519j:image

 

まずはスープから。

やはり、ごま油が効いたスープ。

 

ベースは優しい野菜、鶏ガラの出汁に醤油味。

シンプルで優しいのに、どこまでも奥深い味わいです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210903142516j:image

 

麺は、縮れた細い麺。

よくスープを持ち上げる麺で、茹で加減もバッチリだなぁ。

 

噛みごたえがシッコシコで、スープとの相性も最高に良いです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210903142511j:image

 

ワンタンは5〜7枚といったところか?

破けてしまって、途中からよく分からなくなってしまいました(ノ∀`)アチャー

 

アンは、ニンニクとごま油が効いてる豚肉アン。

個人的にはシンプルにショウガを効かせたアンが好みですが、これはこれで。

 

まるで餃子のような、パンチの効いたワンタンです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210903142522j:image

 

他の具材は、ナルト・シナチク・炒めもやし。

ネギは青ネギであっさりでした。

 

このお店は、お店の外観、店主の人柄などから、いっけん素朴なお店のように見えます。

その反面、ワンタンメンじたいは実にパンチが効いた作りで食べ応えがあります。

 

これなら、ガッツリと働ける漢(おとこ)たちにもガッツリと楽しんでいただける、そんな満足度の高いお店だなぁ、と残ったスープをすすりながら感慨にふけったのでした。

 

 

 

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

柳屋食堂定食・食堂 / 大船駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2