みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

ホテル京急油壷観潮荘のスケルトンカヤックを体験してきたよ

三浦半島の南端、油壷の胴網海岸にてケルトカヤックを体験してきました。

これは神奈川新聞に掲載されていたもので、透明なカヤックに乗って海上散歩を楽しみましょうというもの。

2020年9月いっぱいまで受け付けをしています。

 

https://www.misakikanko.co.jp/aburatsubo/img/kayaku2020.png

 

この体験は、要予約です。

前日または当日の9時から18時の間、ホテル京急油壷観潮荘に電話予約します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

0468-81-5211

 

この日は天気予報をチェックし、前日に電話予約完了。

 ・10時から30分の回

 ・10時半から30分の回

を予約できたので、指定された通り30分前の9時半に油壷観潮荘に到着しました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200830175705j:image

 

ここで問題発生か。

なんと、油壷観潮荘の駐車場が満車です。

 

さて、どうする。

駐車場入り口の発券機のインターホンでスケルトカヤックの予約をしてある旨を伝えたら、難なく開けてもらえました。

こういう時のために駐車場は確保されているようです。

 

さっそく受付で注意事項を聞いて、お支払い。

30分1500円×4人で6000円でした。

 

予約票をもらったら、坂道を5分ほど歩いて胴網海岸の海の家に渡します。

ちなみに、この日は事前に水着を着たまま訪問です。

細君は水着の上に、ワンピースのようなすぐに脱げる服を着ていました。

これなら準備もばっちりです。


f:id:yokohamamiuken:20200830175737j:image

 

晩夏の胴網海岸は、知る人ぞ知る隠れ名所。

油壷とともに悲しい由来を持つ「胴網」という名前ですが、現在では水も澄んでいて穏やかで泳ぎやすい海です。

砂浜での海水浴、磯場での磯遊び、両方楽しめる手ごろな海水浴場です。


f:id:yokohamamiuken:20200830175749j:image

 

今回体験させていただくのが、このスケルトカヤック

見ての通りぜんぶ透明です。これなら海の中もよく見えそうですね!!


f:id:yokohamamiuken:20200830175725j:image

 

オールの持ち方、船のこぎかたなど基本的な説明や、プレジャーボートの横波に対する注意、このスケルトカヤックで行ってもよい範囲、行ったら危険な地帯などの説明を受けると、さっそく出航です!!

 

まずは細君と下の子の2人体制。

ガイドさんはつきませんが、陸から見ていてくださいます。

家族だけで乗るので気楽ですねぇ。


f:id:yokohamamiuken:20200830175718j:image

 

制限時間は30分。

長いようで短いようで、なかなかちょうど良い時間です。

長すぎても飽きてしまうし、短いと物足りないですが、30分くらいがちょうどよいのかもね。


f:id:yokohamamiuken:20200830175741j:image

 

30分かけて海水浴場を何周かしていた細君と下の子が戻ってきたので、選手交代。

上の子とみうけんが乗船です。

オールを持つ構えがキマッているね!!

f:id:yokohamamiuken:20200830175752j:image

 

乗船時はもちろんライフジャケット着用です。

腰につけるタイプのスマホ収納ポーチも貸してもらえますが、正直いっていちいち出し入れするの面倒だったし、写真撮ってて携帯を海に落としたの波で濡らしたのしたら最悪なのでヒヤヒヤでした。

こういう時は、首掛け式の防水スマホケースが役に立ちます。

 

 

これは買っておいたほうがいいです、本当に!!

 

今回は、そんな立派なものがなかったのでヒヤヒヤしながら撮ったのがこちら。

うん、海の水が澄んでるし、陽の光が差し込んで水の中がよく見えます。

舟の下ではクサフグゴンズイが群れをなしているのがよく見えました。


f:id:yokohamamiuken:20200830175801j:image

 

オールも透明。

青い海、緑の山、そして海とオール。

透明なのによく映えて絵になります。

いつもは岸から海を眺めてばかりですが、こうして海から岸を眺めるのもまた楽しいものです。


f:id:yokohamamiuken:20200830175805j:image

 

おっと、ブイ発見!!

いちおう、このブイあたりまでは自由に行ってよいですよ、という説明でした。

なので限界に挑戦です!!

ほかのカヤックや遊泳客に気を付けながら、そろりそろりと近づきます。


f:id:yokohamamiuken:20200830175756j:image

 

ブイにタッチ!!

普段はこんなことできないので、なかなか良い経験になりました。

みうけんは海は大好きですが、背が立たないところでは絶対に泳がないビビりなので、こういうブイに触れるということはなかなかないので楽しかったです。


f:id:yokohamamiuken:20200830175709j:image

 

いやぁ、しかし水がよく澄んでます。

底が見えますが、このあたりは絶対に背が立ちません。

深さが何メートルくらいあるのかわかりませんが、こういうカヤックに乗って釣りをするのもまた楽しそうですねぇ。

f:id:yokohamamiuken:20200830175731j:image

 

30分しっかり楽しんで、汗をかいた後は少しだけ磯遊びと海水浴。

8月終わりにしてはクラゲもまったくいなかったです。

この年は8月まで梅雨が続いたし、日本の気候が着実に変わってきている気がします。

 

その後、いったん車で水着から普通の服に着替えて、油壷観潮荘で日帰り温泉を楽しみました。

さすがに浴場の写真はないですが、オーシャンビューの油壷温泉はとても眺めがよく気持ちがよかったです。

 

 

たっぷり遊んでお風呂も入ったら、レストラン潮騒へ。

ここでいただいた海鮮丼は、さすがにマグロが美味しくて絶品でしたよ!!

ガッツリ遊びに来ているという心の補正も効いているのかもしれません。


f:id:yokohamamiuken:20200830175702j:image

ケルトカヤックを堪能し、磯遊びと海水浴もしっかり楽しんで、温泉に入って、うまい海鮮丼食って、帰って寝る。

こんな幸せな休日、なかなか満喫できるものではありません。

 

皆様も、ぜひ!!

ホテル京急油壷観潮荘のスケルトカヤックからの日帰り温泉と食事のコース、オススメします!!

 

~後記~

今回体験したスケルトカヤック、ちょっと欲しくなってしまって調べたら、だいたい20万以上するみたいね。

普通のカヤックは3~10万なので、けっこういいお値段します。

 

 

しかも引き取り限定だって!!

つか、原付じゃ運べないしな!!

細君の車にカヤックキャリアなんか付けたら顰蹙買いそうだし。

 

カヤック買うなら、まずは自分用にも車を買うべきよ、という事ですね!!

まずはセレナ買おうかなぁ・・・と、密かに考えたのでした。