みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

豊岡町の「桃林」で牛バラご飯

JR鶴見駅から5分ほど歩いた所の老舗広東料理のお店。

なんとなく食べログをチェックしていたら見つけたのですが、みんなが食べている牛バラご飯がやたら美味しそうだし、なんとっ! あのっ! 恰幅の良い彼の良いカレーまでが牛バラご飯を食べて絶賛しているではありませんか。

 

よって永らく「お気に入り」に入っていたお店ですが、なかなか鶴見に来る機会がない中で、夜勤明けのお昼ご飯として意を決してやってまいりました。

営業は基本昼だけ、しかも11時〜13時半と言う実質2時間半だけの強気な営業ですからね。

このコロナ禍でもやっててよかった!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200419125031j:image

 

なるほど、皆さんおっしゃるように絞りに絞ったメニュー。

お昼だから?? お酒すらありません。こりゃメニュー写真を撮るのが楽だわ。笑

 

メニューは主にご飯、麺。

具材はそのままで米か麺を選ぶ感じです。

この他にも焼売や餃子も隠れメニューとしてあるみたいね。


f:id:yokohamamiuken:20200419125038j:image

 

もうね、最初から何を食べるかすっかり決めてあったのよ。

これだけ書きゃ皆さんお分かりでしょう、元気に「牛バラご飯」(800円)でお願いしま〜す。


f:id:yokohamamiuken:20200419125050j:image

 

注文してから、供されるまで実質5分程度。

このスピード感がハラペコの身には有り難い限りです。

立派な牛バラに心奪われるところではありますが、まずは心を落ち着けてからスープを一口。

うん、あっさりしておきながら優しいコクがジ〜ンワりと口に広がります。

どこまでも丁寧に煮出された美味しいスープだからこそ、入っているのはネギだけというシンプルさが良いのです。

これは空腹の胃を鎮め整えてくれる、食前にはピッタリなスープですよ。


f:id:yokohamamiuken:20200419125034j:image

 

なんてカッコいいこと書いてるけどさ、実は空腹は全然鎮まってないのよ。

ハァハァ言いながらレンゲを肉に突き立てます。崩れるほどにトロトロなバラ肉もいいけれど、こちらの肉は肉らしい食感をビシッと残した絶妙な煮込み加減。

 

f:id:yokohamamiuken:20200419125045j:image

 

甘めのアンがよく絡んで、醤油の塩気と旨味も合わさって、まさに老舗の古き良き中華の味なんですよね。


f:id:yokohamamiuken:20200419125054j:image

 

この甘めのアンと肉のガッツを優しく受け止めてくれるのが、そう、白いご飯です。

と言ってもすっかりアンを吸い込んで茶色いご飯になってしまってるけどな!!

 

肉と白米というのは他の追随を許さぬゴールデンメンバーデラックスなわけですが、この深い味のアンをいただいてマッタリと味付けされたご飯を嫌う男子が、果たしてこの世にいるのだろうか? 


f:id:yokohamamiuken:20200419125058j:image

 

これはイイな! とバババとかっ込み、口の中がコッテリした時の助け舟こそが、香の物と呼ばれるお漬物。まぁ早い話がザーサイです。

しっかり塩抜きしてありカリコリな食感が楽しめる、キホンに忠実なタダしいザーサイですね。


f:id:yokohamamiuken:20200419125041j:image

 

このお店は、やはりウワサ通りの名店でしたね。これはぜひとも再訪して、五目焼きソバも試してみたいなぁと感慨にふけりつつ、しみじみとザーサイをかじったのでした。

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

桃林広東料理 / 鶴見駅京急鶴見駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7