みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

斎藤分町の「べにや」でいちご大福&ひとくちすあま

横浜三大商店街、六角橋商店街を越えたところにひっそりとある和菓子屋さん。

地域になじんで、普段遣いされるお店です。

 

f:id:yokohamamiuken:20200129140332j:image

 

今回は和菓子好きな細君のために、お土産を買って帰りました。

まずは「いちご大福」(1個180円)です。

てっぺんにちょこんと見える赤色が可愛らしいですよね。


f:id:yokohamamiuken:20200129140320j:image

 

ちょっと見苦しい絵面で申し訳ないんですが、中はしっとりとしたこしあんこしあん派の細君にはウケが良かったです。

もちも食べ応えがあって、もちもち。

いちごも新鮮で、しっかりシャキシャキ食感が残ったもので、総合的にクオリティ高いです。


f:id:yokohamamiuken:20200129140335j:image 

 

みうけんはすあま好きなので、「ひとくちすあま」(1パック200円)も購入。

見た目が楽しいひとくちサイズで食べやすいね!

f:id:yokohamamiuken:20200129140324j:image

 

すあまは関東地方南部と東海地方南部、東京・神奈川・静岡あたりでしか食べられない御当地スイーツなんですが、この歯に絡みつくような独特なモチモチ感と優しい甘さがたまらなく好きで、たまの贅沢として買っています。

そういや、こっちですあまにハマった韓国人の妹が、博多に行ったらすあまがないって大騒ぎしてました。さもありなん。

 

やはり和菓子は日本人の心の友。

また機会があれば、ちょくちょく利用したいと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

べにや和菓子 / 白楽駅東白楽駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5