みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

港南中央通の「うさぎや」で桜餅、すあま

鎌倉街道沿いにある和菓子屋さん。

交差点沿いにある上にコインパーキングも近くにはないので、車ではなかなか行きづらい店でしたが、足が原付となってからは行きやすくなりました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200413142402j:image

 

ガラスケースに並んだ和菓子の数々は、どれもが手作りでホッコリする仕上がりです。

お値段も手軽で、なかなか利用しやすいお店ですよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20200413142358j:image

 

今回は2種類を2つずつ買い求めました。

ご存知「すあま」(120円)と、「桜餅」(140円)です。

どちらも春らしい可愛らしいピンク色をしていますね。


f:id:yokohamamiuken:20200413142405j:image

 

まずは桜餅から。

ふわふわの桜餅に、しっとりしたこしあんがしっかり入っています。

口当たりは滑らかで、外側に巻かれた桜の葉が良い感じに塩気があり、また香りも良くて一気に春気分。


f:id:yokohamamiuken:20200413142408j:image

 

すあまは見るからにポッテリしていて可愛いですよね。

食べてみると、ほんのりと香るすあまの香り。

この香りはどうやって出しているのかわからないけれど、このすあまのほのかな香りが好きですね。

もちろん、食感もモチモチしていて実にうまい。くっちゃくっちゃ、ほんがほんがな食感がたまりません。

f:id:yokohamamiuken:20200413142351j:image

 

こういう、素朴な和菓子にこそそのお店の実力が現れるというもの。

やはりこのお店は、みうけん家の御用達としてこれからも繁栄していって欲しいと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

うさぎや和菓子 / 港南中央駅上大岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7