みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

半日煮込んでとったダシで沖縄そばを作ってみた件

ある日、肉のハナマサで豚の背骨をたくさん買ったので、しばらく水に漬けて血抜きをして、下茹でをしてから半日煮込んでダシを取ってみました。

 

f:id:yokohamamiuken:20190402213839j:image

 

また、スペアリブも同じように血抜きをし、下茹でをしてから醤油、砂糖、泡盛、しょうがなどとコトコト煮込んで・・・トロトロにとろけるソーキを作ってみました。


f:id:yokohamamiuken:20190402213851j:image

 

トロトロすぎて、皿に盛ったら自重に耐えられずに崩れてしまうほど。これほどトロトロなソーキはなかなか食べられません。これが邪道なのかどうかは、さておき。


f:id:yokohamamiuken:20190402213835j:image

 

そうやってできたのが、こちら。

沖縄そばです!! 島かまぼこやそばは不老町の「ハイサイおきなわ」で購入し、他の紅ショウガやネギはそんじょそこらのスーパーで購入したものです。


f:id:yokohamamiuken:20190402213916j:image

 

やはり、しっかりと豚骨を煮だしてとったダシは美味しいものです。


f:id:yokohamamiuken:20190402213911j:image

 

この日はオキハムのフーチバーじゅーしぃの素をご飯に混ぜて炊き混んで頂きました。

これでお腹いっぱいです。


f:id:yokohamamiuken:20190402213906j:image

 

さて、ダシをとった後の豚の背骨はすぐには捨てませんよ。煮込まれてホロホロになったお肉がたくさんついてます。


f:id:yokohamamiuken:20190402213859j:image

 

手でこそげば、こんなに取れました!

これをただ捨てるのはもったいないですよね。


f:id:yokohamamiuken:20190402213844j:image

 

タッパーにいれ、前述のソーキの残り汁をかけて、一晩漬け込みました。

すぐに使わない場合は、冷凍庫へ。

食べるときはレンチンしてご飯にのせて、沖縄そばの残りの紅生姜もかければ立派な豚丼になります。

 

f:id:yokohamamiuken:20190411110449j:image

 

捨てないココロ、使い切るココロです。