みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

【ふるさと納税】鹿児島県産うなぎ長蒲焼2尾(10000円)

今回のふるさと納税は、うなぎを注文してみました。

 

www.furusato-tax.jp

 

f:id:yokohamamiuken:20190327192127j:image

 

段ボールをあけてみれば、ちょいとしゃれた化粧箱に入っていて、開けてみれば冷凍のウナギが2尾、たれと山椒の小袋が4つ入っています。


f:id:yokohamamiuken:20190327192124j:image
f:id:yokohamamiuken:20190327192120j:image
f:id:yokohamamiuken:20190327192116j:image

 

大きさは、見てのとおり!

なかなかなボリュームですね。しかしこの喜びが、あとで災いとなるのです。


f:id:yokohamamiuken:20190327192113j:image

 

タレと一緒に、解凍の方法が書かれた紙が入っていました。「うなぎ蒲焼真空パックを沸騰した熱湯に入れ4〜5分間温めて下さい。」

ふむ。

 

f:id:yokohamamiuken:20190409204543j:image
f:id:yokohamamiuken:20190409204557j:image

 

しっかしねぇ、こんなサイズのうなぎが入る鍋がないんですよ。

一番でかい鍋でも、北京鍋でもはみ出します。

結局、韓国で買ってきた巨大フライパンに水を入れて沸騰させたら、何とか入ってギリギリセーフ!


f:id:yokohamamiuken:20190409204605j:image

 

普通はこんな鍋はないでしょうから、電子レンジになると思います。しかし、うちの電子レンジで試したら斜めにしないと微妙に入りませんでした。

なので、大きな鍋や電子レンジがない家庭は要注意です。

 

解凍してふっくらしたら、もう一段上を目指しました。

熱々にしといたグリルで、別にスーパーで買ったタレをつけながら両面をコン〜ガリと炙ったのです。


f:id:yokohamamiuken:20190409204551j:image

 

外はカリッ、中はフワッ、なうなぎになりました。

フワッ過ぎていてトングで持ち上げるだけで身崩れしましたが、うなぎにうるさい細君も絶賛していました!


f:id:yokohamamiuken:20190409204531j:image

 

このうなぎは、値段が手頃な割にはなかなか美味しくて、大きさも充分でした。

細君も気に入っていましたので、またリピしたいと思います!