みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

鶴見区生麦の「ラーメン新世 生麦店」でチキンチャーハン

生麦の駅前から大黒ふ頭へと向かっていく道にある中華屋さん。

このあたりは、港のコンテナを運ぶトラッカーたちが集う地域。

彼らが愛する店がそこここにありますが、そのうちの代表的なお店でもあります。

 

 

f:id:yokohamamiuken:20210829100709j:image

 

店内は、手前にカウンター、奥にテーブル。

席自体はたくさんあり、収容人数は多いです。

トラッカーだけでなく、家族連れも多くて地域で愛されているお店のようですね。

 

今回いただくのは、前々から狙っていたメニューです。

 

 

「チキンチャーハン」(860円)

 

 

やはり名物なんでしょうね。

廻りのガテンたちは、例外なくチキンチャーハンをかっこんでる感じです。

 

目の前の厨房には、アジア系な若いコックさん。

このコックさん、チャーハン作るのがリズム感あってうまい!

あんな鍋振りをしてみたいもんです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210829100551j:image

 

到着した瞬間、うそっ!!と叫びたくなってしまうボリュームです。

全部食えるのかな、これ・・・

 

まずは唐揚げから。

胸肉は、顔の半分くらいの大きさ。

サクッと柔らかで、パラパラ過ぎないチャーハンと相性は抜群です。

  

f:id:yokohamamiuken:20210829100604j:image

 

チャーハンは、なるとと玉子、ネギといったシンプルなもの・・・

と言いつつ、上にはザザーっと揚げ玉が乗せられてます。

 

どこまでもハイカロリーハイリターンを求める男たちの貪欲さよ!!

チャーハンの量は通常の倍以上ありますよ、これは。

 

f:id:yokohamamiuken:20210829100617j:image

 

炒め加減は悪くないです。

下味もよく、適度にパラパラ、適度にしっとり。

 

正直、おいしいです。

しっかし途中から飽きることこの上ないのよね。

 

そして、まさかのスープは別売り。

優しい味のスープが欲しい!!

 

そんな誘惑には勝てず、

 

「スープ」(30円)

 

 

これは必ず注文すべきでしょう。

 

f:id:yokohamamiuken:20210829100628j:image

 

久々の大冒険をしてみました。

通常の3人前はありそうなので、コスパは抜群です。

 

ちょっと今回は完食はかなわず・・・ 

少し残してしまいましたが、職場の後輩は難なく食べられたということでした。

 

個人的にはこれは一回食べたらもういいかな、という感じですが、チャーハン好き・ジャンクなもの好きな方は試す価値があると思います。

 

備忘録としてメニュー写真を載せておきます。

 

 

f:id:yokohamamiuken:20210829100643j:image
f:id:yokohamamiuken:20210829100651j:image
f:id:yokohamamiuken:20210829100706j:image
f:id:yokohamamiuken:20210829100702j:image
f:id:yokohamamiuken:20210829100655j:image
f:id:yokohamamiuken:20210829100659j:image
f:id:yokohamamiuken:20210829100647j:image

 

 

 

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

 

ラーメン新世 生麦店ラーメン / 生麦駅花月総持寺駅国道駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5