みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

夫婦愛と子孫繁栄を願った 般若寺のはらみ道祖神(横浜市港南区)

横浜市港南区を走る環状2号線、「環2般若寺」の交差点を脇道にそれると、一般の住宅のようなこぢんまりしたお寺が見えてきます。

このお寺は高野山真言宗寺院の無量山般若寺という古刹で、その創建は古く文亀3年(1503年)にまで遡ります。

  

f:id:yokohamamiuken:20191205183517j:image

 

この般若寺に関しては以前にも「乳出の井戸」の記事を書かせていただいた事もあり、古くから里人たちに親しまれて来たお寺ではありますが、この般若寺の歩んできた道のりは決して平穏なものではありませんでした。

  

www.miuken.net

  

「新編相模国風土記稿」によれば、

 

般若寺

無量山ト号ス。古義真言宗武州久良岐郡太田村東福寺末、弥陀ヲ本尊トス。

 

と、のみ簡単に紹介されています。

また、みうけんの蔵書「港南の歴史」によれば、文亀3年(1503年)3月18日に大法師秀尊により創建され、寛文元年(1661年)10月23日没の大法印真隆により中興されたとあります。

 

この般若寺は、幾度も大火に見舞われては堂宇や什宝、古記録類などをことごとく焼失したために、檀家は次第に離散していきました。

 

一時期は檀家が4軒にまで減って、無住にまでなってしまったこともあったそうです。

しかし、その4軒の檀家が一致団結したことによって兼務寺であった大仙寺、香象院、安楽寺を動かし、昭和14年に鈴木秀成氏が住職として晋山するに至り再興されたのだそうです。

  

f:id:yokohamamiuken:20191205183512j:image

  

当時、再興したときにあったものといえば過去帳くらいのものでした。

法事でもあろう時には仏具や法衣はおろか、仏像までも兼務寺から借り受けてきて、その場をしのいでいた有様だったそうです。

 

さて、そんな波乱万丈な歴史を持つ般若寺でありますが、境内の片隅に石仏の子育地蔵さまや十一面観音さま、道祖神さまたちが集められたお堂があります。

 

f:id:yokohamamiuken:20210520221417j:image

 

このお堂の右端に置かれた双体の道祖神さまは、地元では「はらみ道祖神」と呼ばれて親しまれています。

明和5年(1768年)、江戸幕府の第10代将軍である徳川家治公のころに建立されたもので、男女の神像が対になった双体像であることは他にもよく見かけるものですが、この2神は共に仲良く肩を組み合い、特に右側の女性はお腹がわずかに膨らんでおり、妊娠しているさまが表現されていると考えられています。

  

f:id:yokohamamiuken:20210520221443j:image

  

そのお顔は脱落してしまったのか、新しい素材で付け替えられたお顔がニッコリと笑い、また女性神のほうは静かに微笑んでいるようにも見え、まさに夫婦愛を全身で表現した、見ているだけで幸せになれそうな道祖神さまです。

  

f:id:yokohamamiuken:20210520221414j:image

  

もともと、道祖神さまというものは村の境や路傍にあって、外から疫病や悪霊が入ってくるのを防ぐ役割を持った神さまでした。

 

現在では集落の守り神というだけではなく、子孫繁栄や交通安全の神さまとしても信仰されています。

 

この「はらみ道祖神」さまも、 まさに子孫繁栄を具現化したもので、他にも1体より顔が2つ出ていると思われる(服をめくってないので、あくまで推測です)道祖神さまのお姿もみえ、見ているだけでこちらまで幸せになれそうな気分です。
  

f:id:yokohamamiuken:20210520221439j:image

 

いま、訪れる人もなく静寂に包まれた般若寺の境内で、夫婦仲良く道祖神さまに向き合って手を合わせるとき、かつて生き抜くことさえ一苦労であった江戸時代の人々の、子孫繁栄にかける切なる思いが伝わってくるようで、ここにも在りし日の人々の思いを感じて感無量な思いにさせられたのです。

 

【みうけんさんおススメの本はこちら】