みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

神奈川区山内町 横浜中央卸売市場本場の「横浜魚市場卸協同組合 厚生食堂」で牛すじ煮込みカレーライス

平日の午前4時30分、横浜中央卸売市場本場にやってきました。

市場のあちらこちらにターレが走り回って、独特な市場用語が飛び交う男の世界。

冬でも氷をたくさん積んで、ここぞハマの台所といった雰囲気です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210208055054j:image

 

 

今回もおなじみ、「横浜魚市場卸協同組合 厚生食堂」へ。

まだ市場が開いている時間とあって、厚生食堂の前には発泡スチロールの箱が所狭しと並んでいます。

そのわきにあるスケコがうまそうだなぁ。

 

f:id:yokohamamiuken:20210208055047j:image

 

しかし、たまには海鮮から離れようと思いまして、今回は「牛すじ煮込みカレーライス」(440円)を頂きました。

どちらかというと海鮮ものは観光客むけといった側面が強いようにも思えてきたのですよ。

 

実際、ここで働く男たちにとって、海鮮丼の半額でお腹いっぱい食べられるカレーライスはやはり強い味方だそうだな!!

なにしろ、見てこれ。

ごはんが見えないくらいにルーがたーっぷり載っています。

 

f:id:yokohamamiuken:20210208055041j:image

 

まずは味噌汁から。

肉・豆腐・あぶらげ・大根・こんにゃく。

これはもう豚汁だね!!

 

アッツアツのみそ汁が、冷え切った胃の腑にほっこりと染み渡っていきます。

これで胃も臨戦態勢はバッチリだな!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210208055051j:image

 

いよいよ、猛然とカレーに向き合いますか!! 

さっきも書いたけど、とにかくルーの量がすごいんです。

ふつうはゴハンが全体の半分くらい顔を出しているんだけどね。

 

一口食べると、一瞬だけ魚のダシを感じるような気もします。

肉は、さすがホロホロでねぇ~~。何時間煮込んでいるのかな。

これはしみじみとうまいなぁ。

 

ごはんは、もっちりした炊き加減です。こちらもアッツアツで、冷えた体を芯から温めてくれます。

 

 f:id:yokohamamiuken:20210208055044j:image

 

それにしてもさ、量がしっかり!!

普通のカレーライスの1.5倍~2倍くらいはあるんじゃなかろうか!?

これで440円とは驚異的なコスパで、まぁ朝からお腹いっぱい。

これでは、ますます横に成長する一方ですな!!

ここに、やはり市場めしは海鮮のみにあらずという認識を高めたのであります。

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

【みうけんさんオススメの本もどうぞ】

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

横浜魚市場卸協同組合 厚生食堂定食・食堂 / 神奈川駅新高島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5