みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

【ふるさと納税・千葉県 長生村】C01-502 大粒むき身牡蠣 3kg(15000円)

今回のふるさと納税です。

千葉県は長生村(ちょうせいむら)から「大粒むき身牡蠣 3kg」です。

寄付金額は15000円。

 

www.furusato-tax.jp

 

注文してから1週間もせずに配送されてきました。

このスピード感がイイね!! 税金の払込用紙はササッと送って来るクセに、未だに10万円の申込用紙がとどかないのとはワケがちがいます。

 

f:id:yokohamamiuken:20200601170715j:image

 

正直ね、3キロでしょ。

1キロ×3袋ってことで、大した期待はしてなかったのよ。

大粒っていったって「当社比」かも知れないしさ、だいたいカキ1kgでしょ。ちょびっとなんじゃないの? って思ってました。

しかし、実際に届いたのは殺人級の量だった!!


f:id:yokohamamiuken:20200601170700j:image

 

コンビニで売っているロックアイスかよ!!って、思わずツッコんでしまいました。

こりゃ大きいや!! 冷凍庫ぱんぱーん!!

 

でも、気になるのが広島県の文字。

千葉県長生村からのふるさと納税じゃなかったっけか?

いつぞやは外国産の海老のエビフライが来た件といい、さいきん他の地域の物をふるさと納税で送るケースが増えているんじゃないかと思います。

 

広島県産のカキを~、いすみ市長生村から離れている)で加工して~、長生村からという事で発送する。

これってどうなんでしょうねぇ。

でも、美味しいからいいんだけどさ。


f:id:yokohamamiuken:20200601170711j:image

 

でも、いいんです。

プリプリだから。

 

要は大きくてウマいカキが食べられればいいのさ!!

さっそくビニールに入れて水に漬けて解凍です。この方法がいちばん楽!!


f:id:yokohamamiuken:20200601170703j:image

 

一つがこのくらい。

これだけでかければ充分でしょう!!

こんなのがゴロゴロ入ったのが3袋ですからね。

これからしばらくカキざんまいですわ。

 

f:id:yokohamamiuken:20200601170707j:image

 

とりあえず、カキめしです。

醤油、酒、だし汁などでカキをササッと煮る。

その汁からカキの身を取り出し、汁を冷ます。

30分水に漬けておいた白米に、上記の汁を入れて、たりないぶん水を足して炊く。

炊きあがったらカキの身を入れて5分蒸らし、カキの実を崩さないようにふっくら混ぜて完成!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200602000214j:image

 

もうね、このプリプリな身とね。

あふれ出る旨味ですよね。

ごはんにも、しっかりとカキの身が馴染んでいて極上のおいしさです。


f:id:yokohamamiuken:20200602000219j:image

 

やはり、カキは極上のおいしさ。海のミルクと呼ばれて栄養も豊富です。

次回はカキのアヒージョや、カキフライ、夏だってカキなべなんぞも試してみたいと思います。あ、こないだ戸塚の中華屋で食べた料理も再現してみなくちゃ。

このふるさと納税は、発送も早いし、コスパはよいし、産地がちょっと疑問が残るけれど個人的にはおススメです。

カキが食べたくなったら、リピもあるかなぁ。

皆さんも是非!!