みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

南幸 クイーンズ伊勢丹横浜 の「濱うさぎ クイーンズ伊勢丹 横浜店」でいちご大福&麩まんじゅう

相鉄横浜駅より地下鉄へ乗り換える途上にある、クイーンズ伊勢丹

みうけんの動線上にビシッと合っているので、たまにフラッと吸い寄せられてます。

その中にある、濱うさぎ。

 

f:id:yokohamamiuken:20200330104504j:image

 

濱うさぎは、「ハマ」という字には過剰に反応する横浜大好きハマっ子の中では言わずと知れた存在の和菓子屋さんですよね。


f:id:yokohamamiuken:20200330104501j:image

 

ですが、本店は井土ヶ谷という下町にあって意外とこぢんまりしているのです。

でも、こちらの和菓子は気取らず飾らず買える普段遣いとして、みうけん家でも不動の位置を誇っているのですよ。


f:id:yokohamamiuken:20200330104515j:image

 

さて今回は、みんな大好き「いちご大福」(260円)。

ブ厚くてモッちモちの求肥の中にほとばしるプチプチのツブあん。これだけでもウマいのに、新鮮で立派なイチゴが乗せられて食べ応えは充分です。

 

f:id:yokohamamiuken:20200330122113j:image

 

お次は、よもぎ生地がリニューアルしたという「麩まんじゅう」(こしあん・170円)。

こちらは、なんと本物の笹の葉に包まれています。香り高い!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200330122123j:image

 

冷蔵庫でよく冷やして頂くのが、この麩まんじゅうの美味しい食べ方。

冷たくてモチモチの生地は、求肥ともカステラとも、モチとも違った独特な食感。

その中に滑らかしっとりのこしあんが入り、上品な甘さです。


f:id:yokohamamiuken:20200330122127j:image

 

やはり普段使いとしては使い勝手のよい濱うさぎ。

味や見た目はもちろん、価格面でも立地面でも一段上を行っているので、これからも愛用させて頂きたいと思います。

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

濱うさぎ クイーンズ伊勢丹 横浜店和菓子 / 横浜駅平沼橋駅新高島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5