みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

本場パキスタンの材料で、パキスタンのご馳走を作ってみた

前々から気になっていたパキスタン料理というものに、ニハリ(nihari)というものがあります。

 

f:id:yokohamamiuken:20200115093920j:image

Wikipediaより)

 

羊の骨付き肉を何時間も煮込んでトロトロにし、後から小麦粉でトロみをつけたカレーというかシチューで、本場パキスタンでは夜中にストーブの上で煮込んで朝に食べるんだそう。

 

また、パキスタンでは精力がつく食事の代名詞ともなっており、新婚のダンナ様に食べさせる習慣があるんだそうです。

厳格なイスラム国家とはいえ、子孫繁栄の願いは変わりませんね。

 

本格的なやつを前々から作ってみたいなとは思っていましたが、そう簡単にはいかないのがパキスタン料理。さすがにハウスなどのカレールーメーカーからは「ニハリのもと」なんてものは出ていません。

しかし、本場パキスタンには、あるんです。

 

f:id:yokohamamiuken:20200114222927j:image

 

みうけんさん愛用、本場パキスタンのshanブランドのニハリ・ミックス・スパイス。

この手のミックススパイスは、パキスタンではshanブランドとAHMEDブランドが凌ぎを削っています。

どちらも日本のハラールフードのお店で250〜300円くらいで買えますよ。

 

さっそく買って、裏のレシピを・・・

 

レシピを・・・

 

レシピを・・・

 

レシピの上にシール貼るなよヲイ\\٩(๑`^´๑)۶////


f:id:yokohamamiuken:20200114222902j:image

 

しっかたないので、動画を参考に作りました。

 


nihari masala (shan)

 

まずは骨付きマトン1キロ。

別途、骨を2キロ用意します。

これだと寸胴いっぱい出来るので、半分の量でもいいのかも。みうけんは一気にフルに作って、余ったら冷凍しておく作戦です。


f:id:yokohamamiuken:20200114222819j:image

 

スパイスミックスは、袋から出すとこんな感じ。開けた瞬間、鮮烈なスパイスの香りが部屋じゅうに広がります。


f:id:yokohamamiuken:20200114222958j:image

 

カップいっぱいの油、羊肉、スパイスを炒めます。焦げ付かないように手早く。

 

f:id:yokohamamiuken:20200115100839j:image

 

これだけでも見た目は美味しそうですが、マトンの臭みとスパイスの香りがすごい。換気扇フル稼働。

近所迷惑ですいません。


f:id:yokohamamiuken:20200115100835j:image

大鍋にあけ、骨を2キロ投入。

ひたひたになるくらいの水を入れて、ここから6時間コトコトコトコトコトコトコトコト煮込みます。

f:id:yokohamamiuken:20200114222949j:image

 

すると、骨から肉が外れてズルむけに。

この姿が見たかったのよね。


f:id:yokohamamiuken:20200114222855j:image

 

小麦粉を水で溶きます。レシピでは薄力粉となっていましたが、たまたま切らしていたので全粒粉で代用(コラ


f:id:yokohamamiuken:20200114222907j:image

 

この小麦粉を、少しずつ入れていきます。

レシピ通りに入れたら、ぜったい小麦粉っぽくなります。それが現地風なのか、みうけんがどこか間違えたのかは謎ですが、様子を見ながら少しずつ入れて、煮込んでいきましょう。

 

最後に、コンガリ炒めたタマネギを加えます。

コンガリ炒めるのがポイント!!


f:id:yokohamamiuken:20200114222826j:image

 

最後に30分ほど煮て完成。


f:id:yokohamamiuken:20200114222919j:image

 

パクチーと針ショウガをたくさん載せていただきます。

うん、肉トロトロ。そして、辛ぇ!!

カレーは必ず辛口〜激辛なみうけんでちょうど良いくらいです。

大多数の日本人には、辛くて食べられないかも・・・


f:id:yokohamamiuken:20200114222933j:image

 

肉の臭みも消えて、よくダシが出て美味しいんですが、この辛さゆえに家族にはイマイチな評価でした。


f:id:yokohamamiuken:20200114222945j:image

 

これだけじゃ淋しいな、とタンドーリチキンも作りました。

こちらはAHMEDブランド。


f:id:yokohamamiuken:20200114222859j:image

 

AHMEDブランドはCMにセンスがあります。いくら見ていても飽きないCMが多い。

 


AHMED FOODS [HQ]

 

こちらは、しっかりとレシピを読むことが出来ました。英語はてんでダメなみうけんですが、英和辞典を片手に解読、解読。


f:id:yokohamamiuken:20200114222911j:image

 

鶏のモモ肉を薄く開いて、ヨーグルトとミックススパイスを混ぜたものに3時間漬け込み、グリルで焼くだけ。

弱火でじっくり焼きましょう。

本来ならばタンドールという釜で焼くからタンドーリチキンなんですが、そんな釜ないっスから!


f:id:yokohamamiuken:20200114223003j:image

 

グリルでも美味しく焼けます。

どちらかというと、タンドール釜で焼いてないからチキンケバブというのが正しいかも。


f:id:yokohamamiuken:20200114222834j:image

 

これもねぇ、個人的には美味しいと思ったんですが。辛すぎて子供達には不評でした。

大人なら何とか食べられるレベル。

 

主食はナンです。

これはさすがに買ったもの。


f:id:yokohamamiuken:20200114222814j:image

 

ナンとニハリ。

みうけんはこれだけでもイケちゃいます。


f:id:yokohamamiuken:20200114222849j:image

 

サラダとビリヤニも用意しました。

ビリヤニは、あまりに良い評判を聞いてお持ち帰りした井土ヶ谷の「ヌル・ザハン」のもの。

たしかに、このビリヤニはうまい!!


f:id:yokohamamiuken:20200114222941j:image

 

ナンにニハリをつけて、肉を挟んでいただきます。

うーむ、果たしてこれで正しく出来たのかは謎ですが、とりあえずレシピ通りにやって美味しくできたなとは思いました。


f:id:yokohamamiuken:20200114222955j:image

 

ただ、本場のスパイスを使って本場のレシピに沿って作るやり方は、材料を揃えるのがまず大変。

横浜や神奈川県にはハラールフードのショップがいくつもあるからいいけれど、そうじゃない所に住んでいたら通販でお取り寄せになっちゃいますよね。

 

で、時間かけて作った割には家族ウケはいまいち。そりゃそうさ、辛いんだもん。

エスニック大好きで、唐辛子やスパイスに慣れ親しんだみうけん家だってヒィヒィと音をあげるくらいだもの。

 

そんな事を考えると、また次回作るかどうかは微妙なところです。

ただし、骨付きマトンを煮込んでトロトロにするカレーは実に美味しいので、次はハウスのジャワカレーとかで作ろうかなと思いました。

 

※今回使った材料は、全て綱島のAGMトレーディングさんで揃いました。

 

agmtrading.rh.shopserve.jp

tabelog.com