みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

【タイ産】SUREEインスタントタイカレー缶詰・パナンカレー(肉のハナマサ)

肉のハナマサで購入した、SUREEというメーカーのインスタントタイカレーの缶詰たち。

グリーン、パナン、マッサマンのシリーズで1缶98円と安いです。

 

f:id:yokohamamiuken:20191007160208j:image

 

前回はグリーンカレーを試しましたので、そちらも興味があればご覧ください。

グリーンは98円にしては、具もしっかり入っていてコスパが高かった印象ですねぇ。

 

www.miuken.net

 

こちらがパナンカレー。

これはグリーンカレーと同じく、1缶が400グラムで、けっこうな大きさがあります。だいたい1缶で2人分あるのではないでしょうか?


f:id:yokohamamiuken:20191007160215j:image

 

ここで、みうけんは実はパナンカレーというものをよく知らないことに気が付きました。

グリーンカレーマッサマンカレーは食べたことありますが、パナンカレーというのは聞いたこともありませんでした。

 

そこで調べてみると、

イカレーと言えばグリーンカレーマッサマンカレーなどが有名です!
パナンカレーってあまり聞いた事ないですよね!

私も今年タイに行ってペーストを買って知りました!

タイ南部のカレーらしくて

グリーンカレーより辛くなくて、マッサマンより甘くない

ちょうどよ良い感じ!

クミンとコリアンダーを多く使用した香り豊か!

(引用;https://saron-sayuko.com/2018/09/19/panangcurry/

 

上記のサイトを見ると、タイ南部のカレーで辛味はまろやか、香り豊かなカレーだそうです。

いわゆる東北料理、イサーンと呼ばれる料理は日本でもよく紹介されていますが、タイ南部の料理ってあまり聞かないですよね。

wikiのタイ料理のカテゴリにもありませんでした。

 

この缶詰のおもな材料は、ココナッツミルク、エシャロット、ガーリック、赤とうがらしです。


f:id:yokohamamiuken:20191007160204j:image

 

まずは、そのままお皿にあけてみます。

見た感じが茶色くて、いかにもカレーといった感じ。

しかし油が多いのが気になるな。

 

f:id:yokohamamiuken:20191023170510j:image

 

そのままレンチンすると、部屋全体に独特なスパイスとハーブの香りが広がります。

う~~~ん、この香りこそタイ料理の真骨頂だと思いますよ。でもやはり油が層をなしていて健康に悪そうなので、申し訳ないが油をスプーンですくって排除させていただきました。


f:id:yokohamamiuken:20191023170507j:image

 

ご飯投入。

なるほど、辛すぎず甘すぎずでちょうど良い感じですね。

ご飯によく合いますし、このスープ感が好きな方も多いのではないでしょうか??

ただ、全くといっていいほどに具がありません。


f:id:yokohamamiuken:20191023170502j:image

前回紹介したグリーンカレーのほうには、そこそこ具材が入っていましたが、こちらは少し寂しい印象です。

味が良いのでそのままご飯で食べられましたが、野菜や鶏肉をこのカレーで煮込むことで、よりおいしくて本格的な味が、より豪華に楽しめるかもしれません。