みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

京都府京都市東山区祇園町の「いづ重」で鯖姿寿司

京都八坂神社の門前にあるお寿司屋さん。

鯖姿寿司が名物らしくて、細君が京都に出張に行った際、買ってきてくれました。

 

f:id:yokohamamiuken:20191012154311j:image

 

京都で100年以上続いている有名店で、関東であれば老舗ですが、京都では珍しくないのかもしれません。

こちらの人気は「鯖姿寿司」(2538円)。

 

f:id:yokohamamiuken:20191012154245j:image

 

1人前2500円超えの寿司なんて、まず滅多に食べません。食べた時はそんな価値の高いもんだなんて考えずに食べてしまったのがもったいなかったかなぁ。

 

さて、竹の皮にくるまれていますので、慎重に竹の皮を剥いでいきます。

中には昆布で巻かれたお寿司!



f:id:yokohamamiuken:20191012154322j:image

 

昆布は剥がして頂きます。

厚みがある鯖は酢で〆られていますが、優しく〆られているのであまりきつい酸っぱさなどはなく、あくまでもまろやか。

身はプリプリで、この食感を活かすには相当な技術がいるんだろうなあ。


f:id:yokohamamiuken:20191012154308j:image

 

ご飯も優しい味わいの寿司飯。

適度な硬さに炊かれたご飯を、優しくキュッと固めてあって、ごはんもその食感が活かされていますね。


f:id:yokohamamiuken:20191012154315j:image

 

鯖の押し寿司(これは押し寿司とは違うとは思いますが)は、単純な料理であるが故に工程の1つ1つの良し悪しが顕著に現れるものだと思います。

まさに、簡単であればこそ難しいのです。


f:id:yokohamamiuken:20191012154253j:image

 

京都という立地の、1人2500円超えというお値段。

この条件で、次にいつ食べられるかは分かりませんが、いつか京都に行く機会があれば是非とも立ち寄ってみたいと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

いづ重寿司 / 祇園四条駅東山駅三条京阪駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5