みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

最戸の「匠味」で石焼麻婆豆腐刀削麺 激辛

 上大岡駅前の鎌倉街道を、しばらく北上して大岡川をまたぐ所にある刀削麺と中華のお店。

 

f:id:yokohamamiuken:20190926141059j:image

 

ここは、中華のお店ばかり出来ては潰れ、出来ては潰れを繰り返しています。

まぁ、上大岡駅からは歩くし、駐車場はないし、周りには客層になりそうな企業や学校もないし・・・これも仕方ないっちゃあ仕方ないですよね。

この店はいつまでもってくれるのかな・・・

 

店内はカウンター×4、1人がけ×1、4人がけ×2(ただし、うち1つはカウンターみたい)といったこれまた微妙な構成で、大陸からわざわざやってきた姐が1人で切り盛りしています。

まぁ、1人でやるならこれくらいの狭さでいいかもね。

 

今回は、いろいろ悩んだ結果で「石焼麻婆豆腐刀削麺」(950円)にしてみましたよ。

微辛、中辛、激辛が選べますが、漢(オトコ)は黙って激辛!!

 

10分くらいで、強烈なスパイスの香りをツンツンさせながらやってまいりました。

まぁ、すんごい・・・


f:id:yokohamamiuken:20190926141109j:image

 

韓国の石焼ビビンバ容器にグツグツ煮えたぎった麻婆が入り、木綿豆腐が一丁丸々入ってます。姐がスプーンでザクザク切って混ぜてくれますが、その度に鼻にツンツンしてきてクシャミ出るな!!


f:id:yokohamamiuken:20190926141053j:image

 

まず麻婆豆腐飲み、食べてみる。

やー、熱っちぃ!!

みうけんの猫舌をヒィヒィ泣かすSな仕様が全開です。

でも、花椒たっぷり、しっかり効いてるね。

最初は日本人むけにマイルドにしているかとナメてかかってましたが、全くそんな事はなかったです。


f:id:yokohamamiuken:20190926141106j:image  

 

麺は、刀削麺らしく固さはまちまち。

でも、おおむね固めの茹で加減です。

量もしっかり入って、この刀削麺の独特の食感が、この麻婆豆腐によくマッチしています。


f:id:yokohamamiuken:20190926141047j:image
f:id:yokohamamiuken:20190926141056j:image

 

ただね、麻婆の中に刀削麺を入れつつ食べていくと、麺の水気も入るから麻婆が薄まってしまうんですよね。これが残念なところ。


f:id:yokohamamiuken:20190926141102j:image

それでも、今までは刀削麺と言ったら華隆餐館一択でしたから(港南中央にもあるけどね)、このように選択肢が増えてくれるのは嬉しい事だと思います。

 

備忘録としてメニュー写真を載せておきます。

 

f:id:yokohamamiuken:20190926141136j:image
f:id:yokohamamiuken:20190926141126j:image
f:id:yokohamamiuken:20190926141140j:image
f:id:yokohamamiuken:20190926141122j:image
f:id:yokohamamiuken:20190926141119j:image
f:id:yokohamamiuken:20190926141133j:image
f:id:yokohamamiuken:20190926141129j:image

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

匠味中華料理 / 上大岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3