みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

【オーストラリア産】オールド・エルパソ タコ・シーズニング(フィット・ケア・デポ)

今回は、タコスを作るときに欠かせないタコ・シーズニングの紹介です。

こちらはオールド・エルパソというメーカーで、メキシコなど中南米のメーカーかと思いきや、オーストラリア産なんですって。

 

f:id:yokohamamiuken:20190514222459j:image

 

この商品は、以前は肉のハナマサや百貨店でしか取り扱いが無かったですが、なんとフィット・ケア・デポという神奈川県のご当地ドラッグストアで販売していました。

お値段もハナマサと対して変わらない値段です。

 

裏には丁寧に作り方も書かれています。


f:id:yokohamamiuken:20190514222355j:image

 

では作り方に従って牛ひき肉500gを用意。


f:id:yokohamamiuken:20190514222448j:image

 

フライパンで肉に火が通るまで炒めます。

鉄のフライパンなので油をひかなくてもくっつかなくて良い!! って、肉からけっこうな量の油が出てきますが。


f:id:yokohamamiuken:20190514222454j:image
f:id:yokohamamiuken:20190514222415j:image

 

ひき肉に火が通ったら、このタコ・シーズニングを全部入れます。全部ね!!


f:id:yokohamamiuken:20190514222406j:image

 

すかさず水を200ccくらい入れます。多い分にはかまいません。

このまま弱火で、たまにかき混ぜながらグツグツ煮詰めていくとタコミートの出来上がりです。


f:id:yokohamamiuken:20190514222425j:image
f:id:yokohamamiuken:20190514222401j:image

 

業務スーパーで買ったトルティーヤに、レタスやピーマン、トマト、アボカドなどとともにのせ、サルサソースをかければそれはもう立派なごちそうに!!


f:id:yokohamamiuken:20190514222440j:image
f:id:yokohamamiuken:20190514222348j:image

 

やはり、どう食べても美味しいタコス!!

 

応用編として、このシーズニングをプレーンヨーグルトがオレンジ色になるくらい混ぜて、薄く切り開いた鶏もも肉を半日漬けこんでから焼いても美味しいですよ!!

 

オールド・エル・パソの商品は値段も手ごろで使い勝手が良いです。

これからもリピートさせていただきたいと思います。