みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

小山台の「おもや甘納豆 小山台店」で甘納豆のお持ち帰り

環状三号線沿いにある甘納豆の専門店。

正直言って今どき甘納豆だけで商売になるのかと心配になってしまいますが、 本店は吉野町にあって大正12年創業という、とても昔からある老舗なんですね。

この店にはいろんな甘納豆があって量り売りでそこそこ売れているみたいですね。

 

f:id:yokohamamiuken:20200501154632j:image

 

今回は「白いんげん」(200g550円)をお持ち帰り。

正直言って、それほど安いものではありません。和菓子の中ではかなり高級な部類ではないでしょうか? 

なので貧乏人を地で行くみうけんは、たまにしか口にできませんが、やはりたまに頂くとおいしいものですよ。


f:id:yokohamamiuken:20200501154641j:image

 

ふっくらと炊きあげられた白いんげんは、食べてみると砂糖のザラザラとした食感と後からやってくる甘さ、そしてポクポクした豆の食感が感じられてなかなか滋味深い味わいです。

やはり甘納豆というのは小粒もいいですけれど、こういう大粒の豆の方が好みですねぇ。


f:id:yokohamamiuken:20200501154637j:image

 

やはり、たまにしか食べられないもののたまに食べるとホクホクと美味しいおもやさんの甘納豆。

これからもご自宅用に、お土産に、サイフが潤っている時には活用させていただき、微力ながらハマの老舗を応援していきたいと思います。

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

おもや甘納豆 小山台店和菓子 / 本郷台駅港南台駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5