みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

港南区上大岡西 京急上大岡駅改札内の「崎陽軒 京急上大岡駅店」でシウマイ弁当

横浜の味、崎陽軒のシウマイ。

シュウマイでもシューマイでもありません。シウマイなのです。

 

今更多くを語るもんでもないですが、横浜市内のあちこちに売店を構えていてすっかり日常の一部と化していますよね。

 

今回500円の割引券を頂いたので、夜勤明けがてら久々にシウマイ弁当を購入しに来ました。

  

f:id:yokohamamiuken:20201010100345j:image

 

上大岡駅崎陽軒改札内か・・・しくったな!!

 

京急百貨店にもありますが、まだ午前8時。当然開いていません。

仕方なく「入場券」(140円)を購入して入場です。

 

てなわけで購入した、「シウマイ弁当」(860円)。

購入して早速持ち帰りました。おなじみのパッケージが食欲をそそりますね。

 

f:id:yokohamamiuken:20201010100418j:image

 

内容も、今更多くを語る必要はないでしょう。

860円という価格の割にしっかりと色んなものが入っています。

 

基本的に駅弁として発展したシウマイ弁当ですが、横浜こうして自宅用に持ち帰る文化も浸透していて、いつどこで食べても美味しい弁当です。

 

シウマイはもちろんですが、細切れになったタケノコ、甘酸っぱいアンズ、こんぶ佃煮と紅生姜が混ざり合って独特な味わいになった付け合わせなど、みうけんのツボにはまる点も多いのです。

 

f:id:yokohamamiuken:20201010100340j:image

旅行だけではなく野球観戦や職場でのイベントなど、いろんな所で活躍してきたシウマイ弁当ですが、こうして自宅でゆっくりと頂くのもまた良いもんですね。

 

また機会がありましたら、利用させて頂きます!!

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

崎陽軒 京急上大岡駅店弁当 / 上大岡駅港南中央駅
テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.5