みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

田浦町の「ふじみや」でへらへら団子

横須賀は田浦梅林の近くにある、老舗の和菓子屋さん。

老舗って言ってもおばあちゃんが切り盛りしてるってだけなんだけどさ、見るからに歴史がありそうな佇まいのお店。

駅前など、決して目立つような場所でもないのに、こんな住宅街の真ん中でひっそりと営業し続けてきたあたりがすでに実績だと思うのですよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20200603183850j:image

 

原付飛ばして横浜からわざわざやって来るには理由がある!!

ここでのお目当ては、「へらへら団子」(370円)なのです!!

このへらへら団子は前記事でも紹介しましたが、横須賀は佐島地区の伝統的な和菓子。

普通は各家庭で作って食べるもので、商業ベースになぞ乗るもんじゃないお菓子なのです。


f:id:yokohamamiuken:20200603183837j:image

 

その名も、へらへら団子。

見ての通り、形がへらへらしているから「へらへら団子」です。

なんとも素朴なネーミングですが、お味も素朴ながらヨモギの風味が効いていて美味しい!!

このヨモギ、もう時期が終わってしまうという事で、へらへら団子も期間限定のようです。また会えるのはいつの日かな? 


f:id:yokohamamiuken:20200603183831j:image

 

この時は、「みたらし団子」(85円)も購入しました。

モチモチで香ばしく、しかして1日経ってしまうと固くて食べられなくなってしまう、本物の手作りのお団子。

これが1本85円だなんて、悪いなぁと思いつつ食べてしまうのです。

 

f:id:yokohamamiuken:20200603183842j:image

 

焼き立てとあって、焼き目もコンガリ

やはり団子は作りたてが美味しいですよね。


f:id:yokohamamiuken:20200603183833j:image

 

ここの和菓子は、お団子もへらへら団子もなかなか捨てがたい美味しさがあるし、何よりもおばあちゃんがいい味を出しています。 このおばあちゃん、かなりのお年ですがこれからも元気に長生きしていただいて、この他では買えない美味しいへらへら団子を作り続けて欲しいと思います。

 

御造作!!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ふじみや菓子店 田浦店和菓子 / 田浦駅安針塚駅
昼総合点★★★★ 4.0