みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

田浦町の「ふじみや菓子店 田浦店」でへらへら団子

 横須賀の田浦梅林の近くを原付で巡行していて、ふと気になった「へらへら団子」の幟旗。

ふむ、確か横須賀市佐島地区だけのマニアックな郷土菓子で、ふつうは家庭で作るもんだからお店にも出回らない逸品だと記憶してましたよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20200309224841j:image

 

お店をのぞいてみると、たしかに「へらへら団子」(370円)が置いてある。

う~ん、前々から食べてみたいとは思っていましたが。三浦半島西岸の佐島名物も、三浦半島東岸の田浦で販売される時代になったのかと思うと、感慨深いものがありますねぇ。


f:id:yokohamamiuken:20200309224819j:image

 

さっそく一つ買って、持ち帰って食べました。

日持ちしないので、今日のうちに食べてね♡と優しいおばちゃんから言われていたので、子供の帰りを待たずにさっそく(笑

そして、いつの間に横須賀市指定銘菓になって、農林水産省の「農山漁村の郷土料理百選」にもなったらしいね!! つか、そんなのあるんだ!! へー!!

 

包み紙の写真は、佐島あたりで毎年7月に行われる船祭りの時の写真でしょう。

へらへら団子は、もともとこの時期に各家庭で作って神様に奉納するものでしたからね。


f:id:yokohamamiuken:20200309224834j:image

 

開けてみると、しっとりしたこしあんに包まれたへらへら団子。

こちらのお店のものはヨモギ入りバージョンで、文字通りちょっと異色なへらへら団子です。


f:id:yokohamamiuken:20200309224826j:image

 

持ち上げてみれば、うん、へらへらしている(笑)

この形で作って、鍋でゆでるときにへらへらしているからへらへら団子なのか、この形の見た目がへらへらだからへらへら団子なのか、議論は尽きないのであります。

一つ言えることは、口に含むと芳醇なヨモギの香りが口中に広がり、くっちゃくっちゃ ほんがほんがした口当たりを存分に楽しむことができる点ですね!!


f:id:yokohamamiuken:20200309224754j:image

値段のわりには、量もしっかり入っていてお買い得だと思います。

コスパも味も良いですし、なかなか珍しいものなのでちょっとしたお土産にもいいですね。

また田浦に来たときは、お土産に利用させていただきたいと思います。

 

ご造作!!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ふじみや菓子店 田浦店和菓子 / 田浦駅安針塚駅
昼総合点★★★★ 4.0