みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

【韓国産】宗家の冷麺&冷麺スープ(韓国食品セブン)

今回の「世界の食品」シリーズは、韓国産「宗家の冷麺&冷麺スープ」のセットです。

横浜市中区のコリアンタウン、福富町で言わずと知れた韓国食材店「セブン」で購入しました。

価格はいくらだったかな。あまりよく見ないで購入してしまいました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200323214752j:image
f:id:yokohamamiuken:20200323214722j:image

 

言わずもがな、冷麺というのは韓国を代表する伝統的な麺料理の一つ。

韓国にも数数の麺料理がありますが、この冷麺というのも大きく分けて2種類あります。

辛いソースを和えて食べる「ハムフン冷麺」、ユクスと呼ばれるさっぱりしたスープの中に入れて食べる「ピョンヤン冷麺」で、どちらも元は北朝鮮の郷土料理でした。

 

ピョンヤン冷麺のインスパイアが日本の盛岡冷麺だったりしますが、本場の冷麺は麺がそうめんのように細く、色も濃い灰色となっています。


f:id:yokohamamiuken:20200323214733j:image

 

主な材料は小麦粉、そば、でんぷん。

伝統的な物ではドングリの粉なども使います。

 

予めスープを冷やしておき、器に準備しておきます。

できれば氷も入れましょう。

この一手間が、美味しく手際よく作るコツ。

 

f:id:yokohamamiuken:20200325095309j:image

 

この麺の茹で時間は40〜50秒。しかも、ほぐしながら茹でるので茹でている間は忙しいんです。


f:id:yokohamamiuken:20200323214727j:image

 

麺をゆでたら、ザルにあけててばやく流水でザブザブ。キリッと冷やして、水をよく切ったらスープに入れます。

茹で卵、キムチは必須。

今回はサムギョプサルの〆の麺として食べたので、余ったナムルや肉も盛り付けました。


f:id:yokohamamiuken:20200323214742j:image

 

細くて独特な食べ応えがある、キンキンに冷えた冷麺。

かつては寒い北朝鮮で、部屋にガンガンに暖房を入れた部屋で食べる料理だったそうです。

また、当時は貴重だった牛を煮出して作るスープなので、今では気軽に食べられる冷麺は、かつては贅沢な料理だったんだとか。


f:id:yokohamamiuken:20200323214745j:image

 

今は飽食の時代となり、このような物が気軽に食べられるようになって久しいですが、焼き肉の後の脂っこい口を冷たい冷麺でサッパリさせる知恵は、なかなか素晴らしい物だと思います。