みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

板戸の「北京亭」でワンタンメン

最寄りは伊勢原駅ですが、20分くらい歩くかな。

なんでこんなところに? と思うような場所で、目立つ看板を掲げるでもなくひっそりと営業しています。

 

f:id:yokohamamiuken:20190128141831j:image

 

店内のカウンターには、漫画がいっぱい!!

とてもじゃないが読みきれないよ。

鬼平犯科帳を出しながら、「ワンタンメン」(750円)お願いしまーす。

 

2ページくらい読み進んで、もう着丼。

早いなあ! 漫画必要ないんじゃないw


f:id:yokohamamiuken:20190128141846j:image


うーむ、見た感じは茶色く透き通ったスープに具材と麺が浮かぶ、みうけんの好きなスタイル。

まずはスープから。

むむ、あっさり醤油ながらコクがしっかりしているなぁ。鶏ガラと昆布かな? サッパリした美味しさですね。


麺はシコシコで、少しウェーブ。

量、湯切りともにしっかりしており、スープとの相性が良い!

 

f:id:yokohamamiuken:20190128141856j:image

 

ワンタンは5個。

アンは柔らかくて、しょうがとごま油の風が効いており、広々としてモチモチな皮に優しく包まれています。

 

f:id:yokohamamiuken:20190128141919j:image


他にはもやし、シナチク、青菜。

チャーシューはエグみのある、不思議な味わいです。味付けは何だろう?


このお店はスープ、麺が本当にうまいですね!

伊勢原の価値ある一軒だと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

北京亭中華料理 / 伊勢原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5