みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

横浜橋商店街の「和記食坊」で焼き鶏もも

粋な下町・横浜橋商店街に比較的最近できた中華料理の店。

こちらで、みうけんが前々から気にしていたのがこちらの焼き鶏もも。

 

f:id:yokohamamiuken:20181124202438j:image
f:id:yokohamamiuken:20181124202452j:image

f:id:yokohamamiuken:20181124202518j:image

 

一本300円という、決して安くもなく高くもない微妙な価格設定だけれど、ホンジャマカの石塚さんが満面の笑みで持っている写真が気になってね。

ついつい買ってしまいました。

ホンジャマカの石塚さんて、何年か前にサイン頂いた事があるけれど普段でもあのファッションを貫いているのよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20181127121500j:image

 

みうけんは肩幅が人より大きいのでサカゼンの「大きなサイズ」を愛用しているが、サカゼンにまでイメージキャラクターとしてちゃっかり出てくるなど、みうけんにとって実に身近な存在なのです。

おっと、石塚さんの話は良いとして焼き鶏ももね、焼き鶏もも。

 

肝心のお味ですが、やはりここは横浜橋商店街

老舗喫茶店「ムー」の跡地にまた中華な鮮魚屋さんができたりするだけある街。

決して日本人には迎合せず、これでもかと中華な香辛料の香りがしています。

肉は柔らかくて美味だが、この八角だか五香粉だかの香りは好き嫌いあるだろうね。

みうけんは、むしろ嬉しいけどな!

この日は小腹満たしとして、大通り公園でハトに囲まれながら食べましたが、当然冷たいので持ち帰って温めて食べればよかったかも。

 

f:id:yokohamamiuken:20181124202426j:image
f:id:yokohamamiuken:20181124202500j:image
f:id:yokohamamiuken:20181124202444j:image
f:id:yokohamamiuken:20181124202527j:image

f:id:yokohamamiuken:20181124202506j:image

 

  とは言え、こちらの店はいろんなチャーシューや北京ダックまで売ってるし弁当も充実しているので、これからも利用させて頂きます。

 

 

和記食坊中華料理 / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0