みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

扇町の「武夷菜館」で魯肉飯

寿町の近くにある、こちらのお店。

外見は立派で中華街の真ん中にでもありそうなのに、立地の関係からか客層はそれなりです。

この日は、日曜日の昼時とあって、けっこうな混雑。中年のヲバちゃん団体がかしましくランチなどをしていて活気があります。

 

さて、メニューは色々あるけれど。

ベタベタとポスターを貼ってイチオシな「魯肉飯」(650円)にしましょう。

 

f:id:yokohamamiuken:20181118141637j:image

 

何しろ一日20食限定ですからね!

 

f:id:yokohamamiuken:20181118141659j:image

 

まずは、小姐が運んでくれたジョッキの冷たい麦茶が嬉しい。やはりたくさん食べる人は水分の消費量もハンパないのですよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20181118141706j:image

 

待つこと10分くらいで着丼です。

魯肉飯のドンブリだけかと思いきや、スープや杏仁豆腐までついてエラいね!!

 

まずは角煮から。

厚さは「秀味園」や「口福館」のそれよりかは薄めだけれど、柔らかに煮込まれており味付けもよくて美味いですよ!

よくよく考えてみたら、バラ肉の角煮はこれくらいがモタれなくて丁度よいのかも。

 

玉子はかたゆでが半分です。

これは少しコストダウンしすぎですね。ただ、下味がしっかりとしていてなかなか良い味しています。

 

高菜とそぼろ。

トロトロではないがピリ辛でごはんが進む

この、タレの染みたごはんと高菜とそぼろの相性が最高!!

 

f:id:yokohamamiuken:20181118141805j:image
f:id:yokohamamiuken:20181118141800j:image

 

スープは、玉子、にんじん、しいたけ。

トロミがありあっさりしています。でもしっかりとしたコクもあり好みです。シイタケのダシかな?

 

f:id:yokohamamiuken:20181118141809j:image

 

杏仁豆腐は、優しい杏仁風味。

脂っこい口の中をサッパリさせてくれます。

 

f:id:yokohamamiuken:20181118141841j:image

 

これはなかなかおトクなんじゃないかい?

店のお姉さんも言わなくてもお茶を足してくれるし、ランチはごはんおかわり自由だし。

 

f:id:yokohamamiuken:20181118141910j:image
f:id:yokohamamiuken:20181118141903j:image

 

使い勝手良い店ですね。

また是非とも再訪したいですね。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

中国料理武夷菜館中華料理 / 石川町駅関内駅伊勢佐木長者町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9