みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

中区長者町の「華隆餐館」で高菜牛肉刀削麺&1辛&パクチー

 

今日もやってまいりました、横浜長者町の四川料理と刀削麺の銘店。

泣く子も黙る、その名も華隆餐館です。

 

最近は味を落としていまして泣く子も黙ってくれない感じでした。

それを知った王社長の采配によってコックさんが変わって、見事の復活劇を見せてくれた事は、華隆餐館ファンなら誰もが知るところでしょう。

 

f:id:yokohamamiuken:20211027190816j:image

 

一時期はみうけんも足が遠のいていました。

しかし、復活後は再び通うようになっています。

 

てなわけでー

 

「高菜牛肉面」(900円)

「1辛」(50円)

 

でヨロシクね!!

 
f:id:yokohamamiuken:20211027190822j:image

 

最盛期に比べて幾分大人しくなったとはいえ、牛骨のコクしっかりのスープ。

正直、そこまでスゴい麻辣ではないので1辛でちょうど良い感じです。

 

それでも、この高菜の旨味と微妙な酸味が醸し出すウマさは他の追随を許さないのよ。


f:id:yokohamamiuken:20211027190827j:image

 

たっぷりと乗せられた牛肉も良い感じです。

お肉はゴロゴロ、柔らかく煮込んであって食べやすい!!

 

噛めば噛むほど旨味が溢れ出る最高な美味しさ。

高菜と肉って、なんでこんなに相性が良いんでしょうねぇ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211027190830j:image

 

機械削りの麺は、ピロプルな食べ応え。

手で削っていた頃から比べて機械削りにはなりましたけど、そこまで差は感じない。

 

むしろ、麺を削っている間は何もできなかったコックさんの負担も減って良いのかな。

しっかし、毎回毎回量がものすごいのよね。

 

なかなか食べ切るのは大変!!

いつもお腹いっぱいで後悔しますが、でもウマいから食べてしまうんだよねぇ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211027190819j:image

 

こりゃタマらんとばかりにパクチーを追加です。

やはり華隆餐館の料理にはパクチーが合いますよ。

 

まぁ、嫌いな方もいらっしゃるでしょうけれど・・・

個人的には華隆餐館の料理とパクチーは最高の組み合わせと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20211027190825j:image

 

パクチーを一気に乗せて頂く。

うーーーーん、これこれ、この良い香り。

 

好き嫌いがあまりなくて良かったなぁ。

何でも美味しく頂ける性分に感謝です。


f:id:yokohamamiuken:20211027190833j:image

 

 

やはり、華隆餐館は唯一無二。

向かいの黄色い看板の店に出きている店には並ぶ気はしませんが、このお店に来たのであれば並んでも良いかなと思います。

 

また足繁く再訪します!!

 

 

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

※食べログでは表示されません

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★