みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

柏市柏の「魚浜 柏」でいろいろ

今回は、JR柏駅からすぐ近くの居酒屋さんです。

残念ながらコロナ禍によりお酒は飲めませんでしたが、海鮮のお料理に定評があるという事でやってまいりました。

居酒屋さんなんて久々だなぁ!!

  

f:id:yokohamamiuken:20210430054237j:image

 

まずは、何をおいてもこのお店名物の「魚浜~さかな~特製熟成魚 豪快盛り合わせ 大量盛り」(1人前1078円)です。

毎日、豊洲から仕入れた魚を熟成させたという極上の逸品。

今回は2人前で頂きましたが、さすがにどのお刺身もブリブリねっとり。

口の中でとろけます!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210430054450j:image

 

次に選択したのは、「豊洲市場まぐろ問屋から仕入れる生本まぐろのレアカツ♬」(968円)です。

レアカツは牛ならば食べたことはありますが、マグロというのは今まで食べたことありそうでなかったですね。

生のまぐろの柔らかな食感、プリプリとした火の通った部分、そしてサクサクの衣のコンビネーションがたまらなく良い!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210430054314j:image


意外なメニュー「里芋の唐揚げ」(638円)。
里芋を唐揚げにするという発想がありませんでした。

里芋って煮るか蒸すもんだと思ってましたからね!!

 

こちらもサクサクした衣にかぶりつくと、ねっとりとした里芋がアチッします。

芋なので食べ応えもあるし、その割に優しい味わいでご満悦のメニュー。

 

f:id:yokohamamiuken:20210430054342j:image

 

ガッツリと行きましょう!!

「特大若どり唐揚げ定食」(780円)です。

なんとお味噌汁はアラ汁というのが豪華ですねぇ。


f:id:yokohamamiuken:20210430054321j:image

 

大きな唐揚げだけではなく、しっかりとした小鉢もついてきてこのお値段。

唐揚げはサクサクでジューシー、ごはんもツヤツヤふっくらで食べ応えもあって素晴らしくコスパが良いですね!!

これは居酒屋としてではなく、食事処として定食だけを食べにくるというのもアリだと思いますよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20210430054331j:image

 

最後に頂いたのが、「大漁こぼれ寿司」(1408円)です。

これはどうでしょう。青魚がふんだんに乗り、その上にイクラやシラスをまぶしたもの。

こぼれ寿司というよりは、盛った寿司ですね。

それでも充分に食べ応えがあります。


f:id:yokohamamiuken:20210430054345j:image
 

このお店は、店員さんの接客も気持ち良いし料理も海鮮に相当にこだわっていらっしゃる。

普段であれば、お酒の種類もなかなか多そうです。

この日はウーロン茶やコーラで食べなければならなかったのが残念ですが、何としてもコロナ禍に打ち勝っていただいて、また美味しい肴で刺身をつまみに来たいお店ですね。

 

柏はまたくる機会あるでしょうし、是非とも再訪したいお店だなぁと思いました。

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

【みうけんさんオススメの本もどうぞ】

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

魚浜 柏居酒屋 / 柏駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7