みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

中央区佃の「南インドキッチン」でノン・ベジミール

東京佃。通称石川島は、鬼平犯科帳で有名な火付盗賊改方長官・長谷川平蔵によって整備された、江戸時代の刑務所だったと言われています。

そんなのも今は昔、すっかり近代的な街に生まれ変わっていました。

 

今回お世話になるのは、前回も訪問して細君がいたくお気に入りだった「南インドキッチン」さん。前回の訪問は2020年11月ですから、5か月振りの再訪です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210328175429j:image

 

今回の利用も、前回と同じく「ノン・ベジミール」(2500円)を選択です。


エビカレー、チキンカレー、マトンカレー、バスマティライス、プーリー2種、サンバール、ラッサム、野菜パリヤール、パパドという豪華な組み合わせながら2500円というリーズナブルさでコスパが実に良いですね。


これだけ揃って2500円なら、なかなか価値のある逸品だと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20210328175425j:image
 
これだけ小鉢が揃うと実に壮観でもありますが、一つ一つが丁寧に作り込まれたカレーであり、スープであり、おかずであるんです。

もちろんそれぞれが違うスパイス使いで、いろんな味わいが楽しめます。

 

ライスはもちろんパラッパラなバスマティライス。
やはりこういう料理にはバスマティライスがよく合うんです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210328175434j:image
 

 プリ2種、パパドの組み合わせも素晴らしい。
フッカフカなプーリーは2色が揃い、香ばしくてサクサクなパパドはおつまみにもなるし、もちろんカレーとの相性も実に素晴らしくて飽きの来ない美味しさです。

 

エビ、チキン、マトンなどのカレーも、みんな具がしっかりとしているので食べ応えもありますね。

これだけあればかなりお腹いっぱいになります。

 

f:id:yokohamamiuken:20210328175439j:image

 

こういった料理はみうけんも作ってみたりはするけれど、せいぜいカレー1種類ですよね。材料をそろえる関係もあり、これだけの品数を少しずつ作るというのは大変なことです。

 

このお店は店員さんの接客、お店の雰囲気、そして肝心の味などどれをとっても満足度の高いお店です。
このお店は自信をもって皆さんにもおすすめできるな。
また東京の湾岸地区に行った際には是非とも利用したいお店です。

 


再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

【みうけんさんオススメの本もどうぞ】

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

南インドキッチンインド料理 / 月島駅越中島駅八丁堀駅
夜総合点★★★★ 4.0