みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

南区井土ヶ谷中町の「ヌル・ザハン」でビーフテハリ&マトンビリヤニ

井土ヶ谷駅前の環状1号線を蒔田方面にいくと、ひっそりと存在するお店。

 

このお店は単なるインネパ店ではなく、ハラル食材を利用したバングラデシュ料理も出すお店です。

 

お店の前にはインド国旗とバングラデシュ国旗が飾られていましたから、強いて言うならばインネパ店ならぬインバン店といったところでしょうか。

 

f:id:yokohamamiuken:20210225223559j:image

 

最近になって、営業時間も変わったようですね。

 

今から次のように私たちの新しい営業時間 ━

木曜日から火曜日

11:00〜23:00

火曜日閉じる

 

f:id:yokohamamiuken:20210225223606j:image

 

さってさて。

今回はテイクアウト利用をしました。

まずは野菜を食べなきゃねぇ、と「生野菜のサラダ」(250円)。

 

レタスを中心とした、柔らかなサラダです。

いつものオレンジドレッシングもたっぷりついてきますね。


f:id:yokohamamiuken:20210225223555j:image

 

みうけんが大好きなのは、「マトンビリヤニ」(1100円)です。

 

バスマティを使用したビリヤニはスパイスをふんだんに使ったカレーと、炊くのではなくゆでたバスマティを混ぜ合わせたもの。

 

ライタというヨーグルトベースの甘酸っぱいソースもついてきます。


f:id:yokohamamiuken:20210225223550j:image

 

パキスタンやインド、バングラデシュあたりではご馳走なんですが、ゴロゴロと入ったマトン肉が香ばしくて、スパイスの香りとカレーの酸味が爽やか!!

 

鼻を抜けるスパイスの香りが嬉しくて、ついつい笑顔になってしまう満足感ある逸品ですよね。


f:id:yokohamamiuken:20210225223617j:image

 

ビーフテハリ」(1200円)。

テハリとは何でせう? まぁ、もともとは菜食主義者むけのヘルシーな炊き込みご飯だったそうですが、現在は肉を入れたバージョンも親しまれているという事。

こちらは生野菜の酢漬けがついてきます。


f:id:yokohamamiuken:20210225223603j:image

 

こちらはビリヤニよりも優しげな味付け。

ごはんは牛肉のダシをジンワリ感じる美味しさです。

牛肉もたっぷり入っていて食べ応えはしっかり!!

これは、そんじょそこらのインネパ店では見ないだけに特別感もあります。


f:id:yokohamamiuken:20210225223614j:image

 

このお店はいつもお客さんがいなくて、少々心配になってしまいますが、もう少し評価されても良いと思います。

また機会があれば利用したいと思います!!

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

【みうけんさんオススメの本もどうぞ】

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ヌル・ザハンインド料理 / 井土ケ谷駅蒔田駅弘明寺駅(横浜市営)
昼総合点★★★☆☆ 3.8