みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

2020年(令和2年)日本映画「鬼滅の刃 無限列車編」

とうとう見てきました!!

今、はやりの「鬼滅の刃」長編アニメ「無限列車編」です。

この映画が公開されたのは2020年10月16日で、11月2日のニュースでは公開から17日にして興行収入157億円を突破したそうです。

 

観客動員は1189万1254人にのぼり、歴代の興行収入ランキングでは、2009年公開の「アバター」の156億円、2008年公開の「崖の上のポニョ」の155億円を超えて、歴代10位となったそうです。(2020年11月2日付け ITmediaNews)

 

いやぁ、これって正直にすごいことだと思いますよ。

だって、他の作品の記録は公開開始から公開終了までの数字ですからね。

一方、この「鬼滅の刃 無限列車編」はまだまだ映画館も満席が続いているので、まだしばらくは公開されるでしょう。

この数字は、もっともっと伸びていくと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20201102115833j:image


『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開中PV

 

さて、もう一つ正直に言わせていただきます。

みうけんは、「鬼滅の刃」をほとんど見たことがありません。

そりゃ、あんだけ話題になっていますし缶コーヒーに鬼滅缶なんてものが出るくらいですから、名前くらいは知っています。そして、うちの子らがたまに見てますからタンジローとネズコ(キャラ名の漢字変換が難しいのでカタカナで 笑)くらい、そして「何やら鬼退治の話なんだなー」くらいは知ってます。

桃太郎か。

 

保険屋さんからも「大人でも楽しめますよ」なんて勧められたりもしたけれど、正直いってあまり興味はなかったんですね。所詮アニメだろ、と。

今回も、子が見に行きたいというのでお付き合いで一緒に見たという次第です。

 

先日のハロウィンだって、街なかにたくさんのタンジローとネズコがいて、「な〜にを良い大人がサランラップの芯くわえて歩きやがって」ってバカにしていました。

 

そんな不真面目さ全開のみうけんでしたが、見て一言。

 

正直、めっちゃ面白いわ。

鬼滅の刃に関して、先ほども言ったようにそこまで詳しくは分かりません。

キャラもタンジローとネズコくらいしか知りませんが、それでも十分に楽しめます。

なにあの偉そうなイノシシ男!! ああいうの好きだわ♫

 

ストーリー展開がハッキリしていて分かりやすく、話のテンポも絶妙で実に見やすい。

戦うシーンがけっこう血を見るのと、動きが早くてたまに目が追いつかないのがネックではあるけれど、それでも充分に楽しめる映画でした。

 

内容については、まだ上映中ですし、これから見にいく方も多いでしょうから、ネタバレを避けるために詳しくは書きません。

しかし、この映画は「永遠の生」「無限の肉体」などにとらわれず、老いや病といった人間にとって普遍的な、かつ永遠のテーマを素直に受け入れて生きていくという、わが人生についても深く考えさせられた映画だと思います。

 

人間は老いていくから、また一度手足などを失ったりしたら簡単には元に戻せないから、今の一分一秒を大切にして生きていく。

いつか黄泉の国に旅立つときに、あの時にこうしていれば、もっと頑張っておけばと後悔をしないように。

そんな事は当たり前だけど、なかなか難しい事なんだなぁと改めて認識させられた映画でした。

 

また、「アニメならでは」と言ってもよいでしょうけれど、鬼滅の刃というアニメは全体的に緊張する場面が多いです。

鬼が人間を食い殺したり、刀で切って血が出たり、列車が脱線したり、セリフだって食い殺すだの首を取るだの、というように手に汗握るシーンが多い中で、それまで写実的に描かれていたキャラクターたちが、急にデフォルメされて可愛いおとぼけキャラクターに描かれたりします。

これらはほんの数秒なんですが、これで緊張した心がグッとほぐれ、心を和ませてくれるので最後まで気が滅入らずに見ることができるのです。

正直、ここまで意識して作られた映画かどうかは知る由もありませんが、この間合いは実に秀逸だと思います。

 

あと、最初の方で人間の夢を操る鬼、最後の方でとても強い鬼(上弦の鬼というらしい)が出てきますが、彼らの目に上弦とか下弦といった鬼のランクが書かれているんですね。

これは鬼滅の刃ファンの方々にとっては当たり前な事かもしれませんが、最初はドラえもんに出てくるような感情を表す模様だと思っていました(笑

 

f:id:yokohamamiuken:20201102230652j:plain

 

でも、よくよく見たら文字だったんですね(笑

こんな無知なみうけんが見ても、充分に楽しめるんですから、この映画は絶対に見て損はないと思います。

 

さて、この鬼滅の刃について調べてみたらこの「無限列車編」の話は、鬼滅の刃の単行本が現在22巻まで出ている中で、7〜8巻の部分だけなんですね。

そういえば、「風の谷のナウシカ」もアニメになったのは単行本の1〜2巻に相当する部分だけで、そのあとはもっともっと話が広がって深い話になっていくのです。

 

みうけんが今回感激したのは、鬼滅の刃のごくごく一部だけだったという事になります。

こりゃ、単行本でも買うかマンガ喫茶に読みにいくかして、またアニメも見返してみて、本格的に「鬼滅の刃」を研究せねばと思った今日この頃でした。