みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

藤沢市打戻の「らーめん処よなかそば」でチャーシュー玉子炒飯

藤沢市のランドマーク、藤沢市民なら誰もが知っているであろう「用田交差点」から少しだけ東に行ったところ、ちょっと路地に入ったところにある中華屋さんです。

 

ここは特にチャーハンがおいしいという情報を頂きました。

「たかさん」さん、情報ありがとうございます!!

店内はすでに満席に近く、かなり賑わっておりました。

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072149j:image

 

店内はカウンターがたくさん。

隅っこには僅かにテーブル席もありますが、やはりこういう店ではカウンターが落ち着きます。

注文は前々から決めていた「チャーシュー玉子炒飯」(780円)でお願いしまーす!!

 

並? 大?と来たので、とりあえず並で!!

だって事前情報にしても、隣の先輩がカッ込んでいるチャーハンを見ても、どう見ても多いんだもの!!

 

なんて携帯に打ち込んでいたらとてつもない早さでやって来ましたよ、チャーシュー玉子炒飯です。

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072154j:image

 

伏せられたお椀をパカッと開ければ!!

まぁ、すんごい・・・

上にはモギュモギュな食感のチャーシューがこれでもかと乗っています。

 

お肉の下味もしっかりしていて滋味深いわ〜。

これは、確かにお椀の力を借りないと綺麗に盛り付けができないわね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072209j:image

 

その下にはふんわりと、適度に火が通った「匠」の技を感じる玉子。

うん、これは確かにうまいな!!

 

炒飯は炒飯でサクッとパラっと炒めてあり、カンカンに熱された油の独特な香りが鼻をついて、彩りを添えています。

具材はナルトとネギというシンプルなものながら、かえってこのいさぎよさが良いのかも知れませんね。

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072157j:image

 

こりゃスバラしいとガガガと頬張っていると、お母さんが赤だしを出してくれました。

はいよー、トリの味噌汁!! だそうで。

 

なるほどトリの味噌汁というのも珍しいが、実際に飲んでみるとトリ感はありません。

どちらかというとほっこりとした赤だしで、具材も豆腐・わかめという馴染み深いものでした。

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072200j:image

 

このガッツリなチャーハン、これだけ食べて780円とは、なかなかのコスパだと思います。

 

このお店は麺類や唐揚げなども美味しそうだし、藤沢ならば我がシグナスを飛ばせばそこまで遠くはないので、また機会があれば是非とも再訪して見たいなと思いました。

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

らーめん処よなかそばラーメン / 門沢橋駅倉見駅社家駅
夜総合点★★★★ 4.0