みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

藤沢市宮原の「カバブハウス」でマトンビリヤニセット

藤沢市泣く子も黙るランドマーク、用田の交差点から少し南側に下っていった所にあるインド料理店。 

しずちゃんさん、オススメ有難うございます!!

このお店は近隣の奥様方がたくさん集まる憩いの場としても機能しているようで、この日もたくさんのマダム様方が集まってキャイキャイしていました。

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072912j:image

 

さて、頂いた情報では長粒米を使ったビリヤニが美味しいという事ですから、みうけんの選択も当然ビリヤニ一択となりますわね。

 

チキン、ビーフ、マトン、野菜とあるならば当然「マトンビリヤニセット」(1250円)でしょう!!

 

寡黙な店員さんに注文を通し、まず出て来たのはサラダ。

キャベツ、レタス、薄切りトマト、ニンジンにオレンジ色のインネパドレッシングがかかったサラダで、シャキシャキな食感です。

ドリンクのラッシーも出て来ました。

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072928j:image

 

しばらくして出て来たビリヤニ!!

辛さを聞かれていたので辛めでお願いしていましたが、モワッと立ち昇る鮮烈なスパイスの香りが良い感じです。

 

見た目もオイリーで、量もしっかりあってこれは食べ応えありそうだぞ。

もうね、このルックスだけで来て良かったと思わされます。

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072915j:image

 

スプーンですくって見ると、実にパラパラなバスマティライスで仕立て上げられた、心から美味なるビリヤニ

 

思った通り、口の中から全身を突き抜ける爽やかなスパイスと、全身に染み渡るモッタリした油分が疲れた体をシャキッとさせてくれますね。

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072932j:image

 

具材はゴロゴロのマトン肉。

実に噛みごたえがあって、肉の旨味もしっかりしています。

これは完全に好みの世界ですが、やはりマトンビリヤニはうまいなあと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072920j:image

 

付け合わせに出て来たのがニンニク?のスパイシーオイル漬け。

これをアチャールと言って良いものかどうかわかりませんが、ニンニクのほのかな香りとシャキシャキした食感、さらにオイリーな味わいとスパイシーな味わいが口中に広がって、これは文句なしにビールが欲しくなる味だな!!

 

f:id:yokohamamiuken:20201023072936j:image

 

もうね、あまりの巧みなスパイス使いに手に持ったスプーンが止まることを知りません。

スパイスの香りたかさとマトン肉の油分がマッチして、パラリとしたバスマティを綺麗に彩っている至宝の一皿でした。

 

このお店は他のメニューも中々おいしそうなので、また他のメニューも試しに必ず再訪したいと思います。

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

カバブハウスインドカレー / 門沢橋駅倉見駅宮山駅
昼総合点★★★★ 4.0