みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

青梅をたくさんいただいたので梅酒を漬けて見ましたよ

お隣のおばあちゃんから、青梅を4キロ頂きました。

持ってみるとズッシリとして、けっこうな量があります。

 

f:id:yokohamamiuken:20190626223211j:image

 

さっそく梅酒を漬ける準備をしようと床下からビンを出したら、なんと中身が入っていた・・・

しかもいつ漬けたのかすら分からない梅酒。最低でも5年は経ってるかな。
恐る恐る味見したらウマすぎて止まらなくなりそうで、これは別の意味で危険だ!


f:id:yokohamamiuken:20190626223218j:image


慌てて業務スーパーへ行き、瓶とホワイトリカーと氷砂糖を買いました。

その間、青梅は水にさらしてアク抜き。だいたい5時間くらい漬けました。

 


f:id:yokohamamiuken:20190626223230j:image

 

その後シコシコとヘタとり。

何気に地道な作業です。これがいちばんめんどうかね。

ヘタを取ったら一個一個タオルの上に置いて、コロコロころがして水気を拭きました。

 


f:id:yokohamamiuken:20190626223201j:image


f:id:yokohamamiuken:20190626223241j:image

 

瓶は大きな瓶と、贈答用に小さ目の瓶を購入。

写真のものは小瓶です。氷砂糖と交互に梅を入れてホワイトリカーを投入。


f:id:yokohamamiuken:20190626223221j:image


f:id:yokohamamiuken:20190626223233j:image

 

この後、実物を見た細君が「梅が少ない!!」と言って少し焼酎を捨てて梅と砂糖を追加していました。

細君は梅の果肉多めが好きなんだそうで。いちおうレシピ通り作ったんですが、長い物には巻かれておきましょうw


f:id:yokohamamiuken:20190626223205j:image

 

あ、床下から出てきた梅酒はソーダ割りして夕飯のお供になりました(´Д` )

濃厚で、こってりしていて、これはずいぶんヤバいですね!!

まだ大びんの中にたくさんあるので、しばらくは楽しめそうです。

f:id:yokohamamiuken:20190626223226j:image

 

梅酒はたまに反転させて、冷暗所で1年ほどじっくりと保管。

1年はあっという間であり、意外と長くもあり。今から楽しみです。