みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

【当店食べログ初クチコミ】伊勢佐木モールの「沙県食坊」で卤肉飯(ルーローハン)

伊勢佐木モール、ピアゴの近くに出来た中華のお店。こちらは以前はベトナムフォーのお店でしたね。

 

f:id:yokohamamiuken:20190313002805j:image

 

横浜あたりで名を馳せる恰幅の良いグルメブロガーさんが取り上げていて、その味の是非は別としても気になっていたお店です。他の口コミにあったように、なるほど食券機は中国語ですな。

店内は4人がけ、2人がけのゆっくり構成。

まー、店員さんが5人はいて多いなぁ。客より店員さんの方が多くて、みんなで厨房で楽しそうにキャッキャしてるね。

人件費は大丈夫?


f:id:yokohamamiuken:20190313002818j:image

 

さて、今回は定番の「卤肉飯(ルーローハン)」(680円)を注文です。

いちおう福建料理の店ですが、台湾料理も出すのね。まぁ、くくり的には福建料理の1ジャンルとして台湾料理がある、っていう人もいるから、あながち間違いではないのかな。


f:id:yokohamamiuken:20190313002822j:image

 

そぼろ、角煮、高菜といったラインナップです。

甘めな味付けでホロホロなそぼろ。

角煮は味は良いんですが、けっこう硬いですねー。歯が悪かったら食べられないレベル。

高菜は普通にうまいです。

ごはんはたっぷりで、タレがしっかり染み込んでいるのが美味しいですね。

 
f:id:yokohamamiuken:20190313002831j:image

 

しかし、なにしろ角煮の硬さが気になるし、この街では、もはや目新しさはないメニューばかりですからね。福建バーガーも、近くの店で食べたけれど本当に豚肉とパンだけだから、それでこの値段は・・・と思いますし。

 

店の移り変わりが激しい伊勢佐木モールにあって、もはや生き残れるか?

これからが注目されるところです。

 

備忘録として、店外メニューを記載しておきます。


f:id:yokohamamiuken:20190313002826j:image
f:id:yokohamamiuken:20190313002753j:image
f:id:yokohamamiuken:20190313002844j:image
f:id:yokohamamiuken:20190313002837j:image
f:id:yokohamamiuken:20190313002801j:image
f:id:yokohamamiuken:20190313002811j:image

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

沙県食坊台湾料理 / 伊勢佐木長者町駅日ノ出町駅関内駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.8