みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

万世町の「若松家」でレバ野菜イタメ&ライス

横浜橋商店街からほど近い通り沿いにある、小さな街の中華屋さんです。

かなり年季の入った店は地元の常連しか受け付けない鉄壁のバリアのようですが、いざ行ってみると気さくなオバちゃんが笑顔で迎えてくれますよ!

 

ただし、客層は間違いなく地元のガテン系かムサイ系だから承知して頂きたい。

そう、そんな戯言を抜かすみうけんも四十路を迎えてムサイ系の仲間入りに・・・(´Д` )
f:id:yokohamamiuken:20181106153611j:image

閑話休題、こちらのお店はワンタンメン、五目チャーハン、五目焼きそばを食べたことがあります。

いつかは定食も食べてみたいなと思っていたので、この日は「レバ野菜イタメ」(650円)に「ライス」(350円)を付けてみましたよ。

なんだかライスが高いんだけど、この量と質を考えればこんなもんなんかな!f:id:yokohamamiuken:20181106153619j:image

レバ野菜イタメは、たくさんのレバーにもやし、にんじん、きくらげ、玉ねぎなどの野菜がたっぷり入ってオイスターのような醤油のような味付けです。

野菜なんでスルスル食べられちゃうんだけど、レバーの食べ応えと野菜の下衆な味付けが山盛りの丼メシをガッチリ捕らえて離さないのですよ。
f:id:yokohamamiuken:20181106153608j:image

スープは、作っているところを見てほしい!

スプーン山盛りな白い粉が入るから!

まさにシロイコナ・オモテナシ・。

このジャンクな味付けが、まさにこの街にぴったり!みうけんが、わざわざバイクに乗って食べに来てしまうゆえんです。

そんな、白い粉がたっぷり入ったスープもおかわり自由ってんだから。

どーんだけ、庶民の舌を若松スタイルに染めていくのか。

f:id:yokohamamiuken:20181106153626j:image

このお店は、昼時は混みすぎていて座れなかったり、開店するやいなやマスターが配達いっちゃって日替り定食しかなかったりとツッコミどころ満載ではありますが、また足しげく通いたいと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20181106153805j:image

若松家中華料理 / 伊勢佐木長者町駅阪東橋駅黄金町駅
昼総合点★★★★ 4.0