みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

1977年(昭和52年)日本映画「幸福の黄色いハンカチ」

山田洋次監督、高倉健主演「幸福の黄色いハンカチ」観る。

 


「幸福の黄色いハンカチ」予告編

 

幸福の黄色いハンカチ」は、なんとなくしかストーリーを知らなかったが実に素晴らしい名作。

 

f:id:yokohamamiuken:20181221164120j:image

 

出演も健さんはじめ、武田鉄也、賠償千恵子、渥実清、たこ八郎など個性派勢揃い。
刑務所を出たばかりの主人公がラーメンとビールを旨そうに喰う、その数秒の演技のために健さんは何日も食事を抜いたんだとか。


f:id:yokohamamiuken:20181221164112j:image
f:id:yokohamamiuken:20181221164125j:image
f:id:yokohamamiuken:20181221164109j:image
f:id:yokohamamiuken:20181221164118j:image

 

ひょんなことから殺人を犯してしまった主人公と、その帰りを待つ妻との愛を描く壮大な叙事詩

 

武田鉄矢桃井かおりの若者にありがちなドタバタ恋愛コメディを通して明らかになっていく高倉健の悲壮な過去。

そして、そんな高倉健倍賞美津子が待っているはずがないと諦めかけるが、倍賞美津子の愛は変わることはなかった。


f:id:yokohamamiuken:20181221164104j:image

 

やはり見せ場は、紺碧の青空にはためく無数の黄色いハンカチと、その下で見つめ合う高倉健倍賞美津子の名コンビであろうか。