みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

飲食店のオススメ投稿はここをクリック!!

港区六本木の「新潟雪むろ熟成焼肉 にく稲 六本木店」で雅コース

 

都内をぶらぶらしていて、やってきましたギロッポン。

お店などいろいろ見学して、けっこう歩きましたねー。

 

よし、前々から狙っていたお店へ行ってみよう。

という訳で、さっそく訪れたのがこちら。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707001532j:image

 

「新潟雪むろ熟成焼肉 にく稲 六本木店」さんです!!

(*´ω`*ノノ☆ パチパチパチパチパチパチ ★


f:id:yokohamamiuken:20220707001529j:image

 


www.youtube.com

 

このお店は、ずっと前から行きたかったのよ!!

何しろ日本酒、ワインにも上越産を中心にこだわったのはもちろん。

 

お米にも上越産のブランド米にこだわったという素晴らしさ。

そして、「雪むろ芳醇和牛」なる、極上すぎるお肉たち。


f:id:yokohamamiuken:20220707001534j:image

 

これは期待がもてそうだよ、ということで。

今回はテーブル席をご用意いただきました!!

 

f:id:yokohamamiuken:20220707001604j:image

 

ちなみに、カップルにオススメのカウンターや、みんなでワイワイ個室も揃っているようです。

 

今回は、前菜盛り合わせからデザートまでお店の「渾身」を詰め込んだゼイタクなコース。

 

◆◇◆雅コース◆◇◆(税込12000円)

おねがいしまーす!!

 

f:id:yokohamamiuken:20220707001826j:image

 

まずはドリンクということで。

妻ちゃんは「深雪花」(グラス1080円)を頂いていました。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707001757j:image

 

 

日本ワインの父、川上善兵衛氏が新潟に創設したワイナリーで醸造された逸品。

2019年G20サミットでも各国要人に振る舞われたという、フルーティなワインでテンション上がってました。

 

みうけんは、「黒ウーロン茶」(650円)にて(´Д` )

 

▼▼▼もやしナムル▼▼▼

▼▼▼キムチ2種盛り合わせ▼▼▼

 

こちらは合い盛り。

キムチ爽やかで、フレッシュで優しい美味しさです。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707001849j:image

 

もやしナムルは豆もやしで味付けしっかり。

きゅうりも夏らしく、涼しくて良いですねぇ。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707001905j:image

 

▼▼▼生ユッケの肉パフェ▼▼▼

 

キムチとナムルで胃がフル稼働を始めたころ、やってきたのがこちら。

あら可愛い(ノ∀`)

 

f:id:yokohamamiuken:20220707001924j:image

 

可愛いんだけれど、ものすごく豪華な内容です。

生肉提供をお上から許可されている、ということで安心して頂けるのも良いですね!!

 

クルトンの上には、ウニ、いくら、金箔、チーズかな。

お皿の上でマゼマゼしていただくんだそうで、こんなの初めて!!


f:id:yokohamamiuken:20220707001927j:image

 

うーん、クルトンのサックサクと海鮮のコッテリアマアマが良いコラボ!!

 

チーズのフレッシュな酸味も良いアクセントだし、金箔が見た目にも豪華です。


f:id:yokohamamiuken:20220707001930j:image

 

▼▼▼にく稲サラダ▼▼▼

 

ちょーれーぎーーー。

これ大好き!!

 

きちんと一人一皿来るのも嬉しいね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20220707002047j:image

 

シャクシャクな野菜をムシャムシャ食べていると、お口の中もサッパリします。

これで高級な肉の味わいも、よぉく分かるってぇもんよ。


f:id:yokohamamiuken:20220707002044j:image

 

▼▼▼トロタン焼きしゃぶ▼▼▼

 

でかっ!! タンというから輪切りかと思ったら、まさかのそぎ切り。

しかもタン元の部分のみを使用されているとのこと。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707002130j:image

 

焼く前にロースターについて説明がありました。

なんでも、網がパイプになっていて中に水が入っているとのこと。

 

そのため、網が100度以上になりにくいんだそうです。

これでお肉が低音でじっくりと焼け、あまり煙も出ないんだそうで。

 

こんなロースター、正直いって初めて見ました!!


f:id:yokohamamiuken:20220707002127j:image

 

では、さっそく両面30秒ずつ焼いて〜。

特製のネギだれにつけてモギュっと・・・


f:id:yokohamamiuken:20220707002123j:image

 

・・・・・・・・・(ノ∀`) 甘いわ

 

牛タンならではのプリップリな食感を噛み切ると、ブワァァアッと溢れてくる旨味・・・

 

脂は甘く、味わいは深く。

特製ネギだれとの相性も最強ですよ(ノ∀`)

 

▼▼▼塩肉盛り合わせ(にく稲特製ネギタレを添えて)▼▼▼

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003252j:image

 

▼本日の希少部位→トモサンカク

 

けっこうブ厚いのよ(ノ∀`) 

綺麗な色してます。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707002304j:image

 

コンガリ焼いて、カンズリつけてー。

つか、普通にカンズリがあるのがすごい!

 

f:id:yokohamamiuken:20220707002715j:image

 

パクッと。

モギュッと!!


f:id:yokohamamiuken:20220707002258j:image

 

むーん、脂が甘くって、お口の中にジュワーッと広がるねぇ。

カンズリのピリ辛と香りが、油脂の甘さをキリリリッと引き締めてくれます!!


f:id:yokohamamiuken:20220707002301j:image

 

 

▼赤身のわさび焼き

 

これは見た目のインパクトあります!! 

見ただけで鼻にツーーンと来そうです(´Д` )

 

これは何かの罰ゲームではないのか、と。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707002640j:image  

 

しかし、焼いて醤油スプレーをシュッシュ。

恐る恐る食べてみると・・・

 

そんなに辛くないのよ、って当たり前なんだけど(ノ∀`)

 

お肉は赤身だけあって、ものすごく旨味がしっかりしているのです。


f:id:yokohamamiuken:20220707002637j:image

 

個人的には、牛肉を一番美味しく食べるには塩とワサビだと思っているので・・・

 

赤身の深〜い旨味、脂の甘みをワサビがほんのり引き締めてくれて・・・

 

この工夫。 このインパクト。

こりゃ、おじさんまいったわ(ノ∀`)


f:id:yokohamamiuken:20220707002634j:image

 

▼▼▼赤身肉ステーキ瞬間スモーク▼▼▼

 

おにぎりのようなフィレを片面3分ずつ、3回焼きます。

なるほろ、卓上の3分砂時計はそのためか。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707002851j:image

 

焼けたらスタッフさんを呼んで、アルミホイルに包んで持って行ってもらい・・・

しばらくしたら、桜チップでスモークされてやってきました!!


f:id:yokohamamiuken:20220707002904j:image

 

スモークに包まれて登場し、目の前でふわぁーーーんっとお披露目。

卓上に広がる桜の香りが素晴らしく、この瞬間は動画は必須ですよ!!

 

美しいピンクちゃんを、さっそくワサビでいただくと・・・

うっまぁぁぁぁぁぁあぁ!!


f:id:yokohamamiuken:20220707002854j:image

 

噛めば噛むほど天井を見上げてしまいました。

ハタから見れば、異様な光景だろうなぁ。

 

フィレって、なんでこんなに味わい深いんでしょう。

サーロインなんぞ目じゃないわ(ノ∀`)


f:id:yokohamamiuken:20220707002900j:image

 

▼▼▼雪むろ芳醇和牛 タレ三種盛り▼▼▼

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003319j:image

 

▼黒にんにくハラミ

 

ハラミ自体、とっても美味しいんです。

まずは、ハラミをしっかり焼く。タレもしっかり染みています。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003010j:image

 

このお肉は、無臭ニンニクの黒ニンニクを乗せて頂きます。

このニンニクがあっまくってね、まるでアンズのよう。


f:id:yokohamamiuken:20220707003007j:image

 

▼赤身のリンゴジュレ添え

 

赤身は、クリでした。

これだけでも充分に美味しくて、いつまでも噛んでいたくなります。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003055j:image

 

そこに、小皿に盛られたリンゴジュレを口に流し込む・・・

なんというフルーティで斬新なる美味しさ(ノ∀`)


f:id:yokohamamiuken:20220707003052j:image

 

▼赤身の起床部位

 

上カルビでした。

これも、かなりブ厚くて食べ応えがしっかりです。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003133j:image

 

これは正直にタレとワサビで頂きます。

うーん、さすがはカルビ。

 

噛めば噛むほど、お口の中がパラダイス。

ジュワジュワとあふれる甘味と旨味で、もう大満足ですよ。


f:id:yokohamamiuken:20220707003136j:image

 

▼▼▼トリュフのサーロイン焼きスキ▼▼▼

 

さっき、「サーロインなんて目じゃない」と書きました。

なんばしよっととサーロインの登場です(ノ∀`)

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003513j:image

 

これが、また大きい・・・ 顔くらいの大きさありそうで、ビックリ。

焼くのはスタッフさんが手際よく焼いてくださいました。


f:id:yokohamamiuken:20220707003516j:image

 

サッサッと炙って、黄身の上に置き。

トリュフをガッシュガッシュ。


f:id:yokohamamiuken:20220707003508j:image

 

こんなゼイタクして・・・

ほんとうにいいのか!?


f:id:yokohamamiuken:20220707003459j:image

 

このお店がこだわる上越のブランド米、「新之助」さんも!!

ツヤツヤと輝きながらやってきましたよ。

 

もうね、この美味しさは・・・語る術がござらん。

お肉をトリュフと楽しんだあとは、黄身をご飯にかけて・・・


f:id:yokohamamiuken:20220707003506j:image

 

 

これがどれだけゼイタクであるか・・・論ずるに及び申さん(ノ∀`)

ぜひ、ぜひとも。皆さんに味わって欲しいのです!!

 

▼▼▼赤身熟成和牛とごぼうの炊き込み土鍋▼▼▼

 

こちらも上越の「新之助」さんです。

牛肉とゴボウを合わせるところが、ニクいですよねぇ(´Д` )

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003725j:image

 

プレミアムなお米をA5ランクの牛肉、牛肉と相性抜群のゴボウと合わせ。

さらに、土鍋で炊き上げたという充実っぷり。


f:id:yokohamamiuken:20220707003729j:image

 

スタッフさんが手早く混ぜて、盛り付けてくださいました。

あっ、土鍋にご飯が残ってますよ! あーっ、下げないで!! 全部盛って!!

 

あまりの美味しさに、恥を忘れて欲望全開になるのは致し方ないこと。

だって、そんだけ美味しいんですもの(ノ∀`)

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003722j:image

 

牛肉のギュムギュムとゴボウのシャグシャグ。

ごはんはふっくらで、美味しい味を全部吸って。

 

それだけでも美味しいのに、イクラだのカニだの載せていただくなんてさぁ・・・

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003735j:image

 

本当に、本当に。

本当に生きていて良かったなぁと思いますよ(´Д` )


f:id:yokohamamiuken:20220707003732j:image

 

▼▼▼季節のシャーベットまたはアイスクリーム▼▼▼

 

もうね、大満足です。

そこにすかさずスタッフさん。

 

デザートはアイスか、デコポンのシャーベットどちらになs

 

→デコポン!! (゜∀゜*) ノ (゜∀゜妻)ノ

 

f:id:yokohamamiuken:20220707003932j:image

 

お肉の後に、サッパリ柑橘系。

お口がサッパリして、これは嬉しいデザートです。

 

このお店は、お肉はもちろんのこと、脇役となりがちな薬味やデザートなどにも気を遣っていて、本当にスバラシいんだなぁとアッツアツのお茶をすすりつつ、幸せな感慨にふけったのでした。

 

◆◇◆後記◆◇◆

 

うーむ、いまだにお口の中がトロけています(ノ∀`)

グルメなブロガーとして、美味しいお肉はいろいろ食べてきましたが。

 

こちら「にく稲」さんのお肉は、やはり ひと味ちがいます。

それもそのはず、厳選されたA5ランクだけにこだわり。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707004014j:image

 

雪むろという天然雪のカマクラのような貯蔵庫で熟成させ、旨味も甘味もガッツリと上げてから供されているんだそうです。

 

やけに上越推しだなぁと思っていたら、店長さんが新潟県出身であるとの事。

なるほど、この美味しさは店長さんのあふれる郷土愛の結晶なのですね。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707004049j:image

 

上越って、お酒も、お米も、お水も、お魚も、全てが美味しいですよねぇ。

そんな食の宝庫から届いた珠玉のお料理たちを、隠れ家的なお店でゆっくりと頂く。

 

f:id:yokohamamiuken:20220707004034j:image

 

そんなオトナで幸せな時間が、確かにここ六本木の「新潟雪むろ熟成焼肉 にく稲 六本木店」さんにはあったのでした。

 

お試しを!!

 

 

 

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

 

┳フォローお願いします!!┳┳┳┳┳┳

 

 instagram ( @yokohamamiuken )

 食べログ  ( みうけん )

 Twitter ( @yokohamamiuken )

 

基本、毎日更新しています!! 

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

※食べログでは表示されません

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

にく稲焼肉 / 六本木一丁目駅六本木駅麻布十番駅
夜総合点★★★★ 4.2

 

 

┳┳┳フォローお願いします!!┳┳┳

 

 instagram ( @yokohamamiuken )

 食べログ  ( みうけん )

 Twitter ( @yokohamamiuken )

 

基本、毎日更新しています!!