みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

南区高根町 横浜橋商店街の「江戸っ子」でウナギ弁当(上)

粋な下町、横浜橋商店街に入ってすぐの所にある、ウナギとお惣菜のお店。

特に佃煮系が充実しているせいかお年寄りでいつも賑わっています。

この日は細君にウナギ弁当を買って行こうかと思ったけど、いつも使っているお店が休みだったので初めて利用してみました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200323131409j:image

 

店頭にはウナギがショーケースに入って並んでいます。

もちろん国産のウナギを丁寧に1枚1枚さばいていて、その品質は折り紙付きとのこと。

今日は静岡県焼津産のウナギが並べられていました。


f:id:yokohamamiuken:20200323131424j:image

 

今回のお持ち帰りは「うなぎ弁当」(上・2350円)。

税込価格、おしんこ付きです。注文のごとに焼き直してくださるので、少し待ちますがお味は確かでしょうね!!

早速持ち帰りましたが、自宅に帰ってもホカホカでした。

f:id:yokohamamiuken:20200323131427j:image

 

よきかな。

このセリフが思わず出て来てしまう、完成されたルックス。

持ち帰ってくる時点で地下鉄の車内に充満させていたブルジョワな香りが、今度は部屋中に立ち込めるからたまらないな!!

おしんこは写ってないですが、キュウリとカブのおしんこが数切れずつ付いてきます。


f:id:yokohamamiuken:20200323131413j:image

 

そうだ、スーパーやふるさと納税真空パックと明かに違う点!!

それは、カリッと焼いている事ですよね。これは簡単なことに見えて、実はすごく重要です。

真空パックのうなぎは、やはりどうしてもしっとりしていてカリカリ感に欠けるのですが、やはり盛り付け直前に炭火でじっくり炙られているという一手間が、至福の食感を生み出すのです。


f:id:yokohamamiuken:20200323131418j:image

 

外は焼かれてカリッと。

中は蒸されてふっくらと。

このコンビネーションが、うなぎの醍醐味であるし、真空パックではなかなか味わえないお店焼きならではの美味しさですよね。

 

このお店のうなぎ弁当はお値段も手頃だし、お味も文句の付けようがないのでこれからも利用させて頂こうと思います。

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

江戸っ子うなぎ / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 


南区高根町 横浜橋商店街の「江戸っ子」でウナギ弁当(上)