みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

伊勢佐木町の「和記食坊」で焼き鴨肉定食

もともとは横浜橋商店街で焼き鴨や北京ダックを売るお店でしたが、こちらに支店展開したお店。

横浜あたりじゃ有名な「恰幅の良い」グルメブロガーさんが紹介してからみうけんも気に入ってちょくちょく利用させていただいてます。

 

f:id:yokohamamiuken:20190604141524j:image

 

いつも「焼き鴨肉定食」(880円)を注文しています。

つか、それしか注文したことないんだけどね!!

 

だいたい、注文してからメニューを確認して「あ~、次回こそは絶味シリーズ料理を注文しようと思ってたんだった~」と後悔するお決まりのパターンです。


f:id:yokohamamiuken:20190604141412j:image


そんな公開をよそ目に「焼き鴨定食」到着です。

「ご飯の大盛りは+100円」なんですが、お昼時はご飯のお代わりは自由ですから!! 


f:id:yokohamamiuken:20190604141511j:image

 

最初は鴨肉の皮がパリパリしている姿が上に向いていて、見るからに北京ダックみたいで美味しそうだったんですが、最近は盛り付けに関して適当になってきたようです。

今回も皮目が下になってて、なんだかグチャッとした盛り付け。

日本人はこういうの気にするんだよ!!


f:id:yokohamamiuken:20190604141422j:image

 

味は決して悪くありません。
しっかり絡められたタレがなかなか甘くてコクもあります。鴨肉の旨味がしっかり出ているのかな。多少、骨が気になりますがね。みうけんは骨までゴリゴリ噛み砕いて頂いてしまいます。アゴは普段から鍛錬しないとね!!

 

ごはんはふっくらで、この鴨肉をしっかり受け止めます。量もしっかり山盛りで、なかなか食べごたえあるわ!


スープは、玉子と海苔。わずかにトロミがついています。
ホンワカと優しい味です。


この焼き鴨肉は、価格が手頃な割にはボリュームがしっかりあり、メニュー的に珍しさがある一方でユーリンチーやニラレバ、生姜焼きなど普通の定食もあるので、日本人も中国人も幅広い層を狙えると思います。

メニューを見ると、「特色料理」や「絶味シリーズ料理」も気になるので、また是非とも再訪したいと思います。

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

和記食坊中華料理 / 伊勢佐木長者町駅関内駅日ノ出町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0