みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中央の「回転寿司 花まる 湯河原店」で寿司

135号線ぞいの、あと徒歩数分で静岡県に入るというところにある回転寿司屋さん。

地元ではなかなか知られたお店で前々から気にはなっていましたが、寒さに身を踊らせながら原付を飛ばしていたらたまたま目に入ったので滑り込んでしまいました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200521201809j:image

 

まずは寒さに冷え切った体を少しでも温めたくて、「青のり味噌汁」(250円)を頂きました。

うーん、青のりたっぷりでホッコリします。

塩気もあっさりで、個人的にはちょうど良い。


f:id:yokohamamiuken:20200521201839j:image

 

「やりいか」(145円)は甘くてプリコリ、イカの旨味をしっかりと主張させた美味しいものですねぇ。やはりイカは欠かせない!


f:id:yokohamamiuken:20200521201831j:image

 

個人的に大好きな「ねぎとろ」(255円)は、まあまあな外見。あえて特筆すべき事もないけれど、普通に美味しかったです。


f:id:yokohamamiuken:20200521201827j:image

 

正式な名前が分からないので、その時々に出る逸品でしょう。

あえて名付けるならば「とろ軍艦」(440円)といったところでしょうか?

脂が乗ったまぐろがトロけるトロける!!

軍艦なので海苔も香り高くて、大ヒットな逸品です。


f:id:yokohamamiuken:20200521201820j:image

 

「えんがわ」(310円)もなかなか好きなメニュー。この独特な甘さがたまらんのです。

カレイでもヒラメでも、えんがわは旨い!


f:id:yokohamamiuken:20200521201813j:image

 

あじ」(370円)も個人的に好みですねぇ。

しっかりと身が厚いあじで、綺麗に飾り切りもされていて見た目も良いですね。

食べてみると身がコリっとしていて味わいも深いです。


f:id:yokohamamiuken:20200521201856j:image

 

貝は好きなので、「つぶ貝」(255円)も、ね。貝類は全般的に好きなんですよ。

このコリコリ感、たまらんです。


f:id:yokohamamiuken:20200521201823j:image

 

〆にはウニより、「金目鯛」(630円)。

金目鯛の方が地の物でしょう。

ふっくらと厚い身が味わい深くて、630円だけのことはあります。

いつもの一食分の値段ですからね!


f:id:yokohamamiuken:20200521201845j:image

 

このお店は、きちんと職人さんが握って下さいますが握り加減もちょうどよく、なかなか美味しいと思います。

この近辺には美味しい回転寿司屋さんがたくさんありますので、また湯河原や熱海に来た時は寿司を楽しみたいと思います。

 

備忘録としてメニュー写真を載せておきます。


f:id:yokohamamiuken:20200521201817j:image
f:id:yokohamamiuken:20200521201852j:image
f:id:yokohamamiuken:20200521201835j:image

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

回転寿司 花まる 湯河原店回転寿司 / 湯河原駅真鶴駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5