みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

クイーンズスクエアの「アメリカンハウス」でテーブルサイド・ワカモーレなど

横浜みなとみらいのクイーンズスクエアにあるアメリカンレストラン。

普段はクイーンズスクエアで横文字の料理なぞなかなか食べないんですが、たまには鬼の撹乱という話もありますね。

 

f:id:yokohamamiuken:20181125221135j:image

 

今回注文したのは、まずは「テーブルサイド・ワカモーレ」(1200円)

 

f:id:yokohamamiuken:20181125221119j:image

 

アボカド一個を、八代亜紀そっくりなんだけれど若くて可愛い店員さんがむいてマゼマゼしてくれました。

トマトやチリなどを混ぜてトルティーヤチップスにつけて食べれば、なかなかの美味!!


f:id:yokohamamiuken:20181125221155j:image


続いては「ケイジャン ジャンバラヤ」(1280円)。

エビ、かに、ムール貝などが入ったスパイシーなピラフです。スパイシーというか、けっこう辛いですよ。お子さまには注意!!

こちらは魚介の旨みがしっかり出ていて、いくらでも食べられてしまう逸品ですがカニがとにかく食べづらい。みうけんのように殻ごとバリバリ食べるワイルドさが無い紳士淑女は、飾りガニ程度にとらえておいてもいいかもね。


f:id:yokohamamiuken:20181125221143j:image
f:id:yokohamamiuken:20181125221108j:image

 

こちらは「カリフォルニアバーガー」(1500円)。

なにげに、この日食べたメニューでハンバーガーが一番高いというね。

でも、この豪華さを見てほしい!!

もはや、パンズで挟むことすら放棄してしまったいさぎのよさよ。

ビーフ100%なる分厚いパテ、こんがりベーコン、とろけるチーズにしっかりと乗ったトマトやアボガド。やはりハンバーガーはこうじゃなくっちゃね!!


f:id:yokohamamiuken:20181125221128j:image
f:id:yokohamamiuken:20181125221103j:image

 

卓上にはアメリカっぽくマスタードとケチャップがドン置きされます。

これを好きなだけかけて味を変えて、さらにジャンクにしてみてほしい。
なぜアメリカで肥満が問題になっているのかが理解できる気がします。

だってうまいんだもの。


f:id:yokohamamiuken:20181125221113j:image

 

このお店は各種カードにも対応していますね。

なかなか使い勝手の良いお店といえそうです。


f:id:yokohamamiuken:20181125221054j:image
f:id:yokohamamiuken:20181125221151j:image

 

アメリカ料理といえば海老名のアウトバックステーキも好きなのですが、こちらもけっこう美味しいのでまた機会があれば利用したいと思います!!

 

 

アメリカンハウス クイーンズスクエア店アメリカ料理 / みなとみらい駅馬車道駅桜木町駅
昼総合点★★★★ 4.0