みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

福浦工業団地の「文明堂食品工業 横浜工場売店」で三笠山

福浦工業団地の一角にある文明堂の工場。

工業団地といっても、この一角は梅蘭や伊藤ハム、かをりなどの食品工場が密集しておりコンビナートの油の臭いと中華な臭いとバニラな臭いと肉の臭いといろいろミックスされ大変なことになっております。

そんな工場外の一角にある文明堂の工場直売。

本当はかをりの工場直売にレーズンサンドを買いに来たんだけれど、今は違うところで売っているようなので妥協してどら焼きを購入です。

 

f:id:yokohamamiuken:20181119225029j:image

 

泣く子も黙る、どら焼きといったら文明堂の三笠山

ドラえもんのように皿に山盛りにして食べることはないけれど、5個入って800円~900円(1個150~180円)だったのです。お得なのか?普通なのか?

通販では6個で1145円(1個190円)+送料ですから、まぁ安いのかな。

 

f:id:yokohamamiuken:20181119225106j:image

 

それでもしっかりとした甘味のアンコを、ふっくらかつ食べごたえのある生地で挟んであるんだもの。美味しくないわけがないでしょう!!

工場の直売店だからって、機械的なイメージがありましたが店内は普通のお店のようです。


f:id:yokohamamiuken:20181119225054j:image
f:id:yokohamamiuken:20181119225051j:image
f:id:yokohamamiuken:20181119225110j:image
f:id:yokohamamiuken:20181119225103j:image
f:id:yokohamamiuken:20181119225119j:image

 

気を付けてないと通り過ぎてしまいそうなお店ですが、一度行ってみる価値はあると思います!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

 

文明堂食品工業 横浜工場売店和菓子 / 産業振興センター駅福浦駅幸浦駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5