みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

あり合わせの材料でミミズコンポストを作ってみたよ

今まで、生ゴミの処理はコンポストに頼っていました。

 

とは言っても生ゴミを穴にぶちまけるだけで、お世辞にもコンポストというものではなく。

ミズアブやヒヨドリ、ハエ(うじむし)が寄ってたかって生ゴミを食い漁り、それをそのまま畑にすき込んでいるという感じでした。

 

うちはこれで大丈夫なんですが、なにしろハエがくるんですね。このままではご近所迷惑になってしまう、という事で前々から気になっていた計画を実行に移しました。

 

f:id:yokohamamiuken:20190519163800j:image

 

取りい出しましたるは古ぼけた屋外用収納ケース。

これに、ドリルでひたすら穴を開けていきます。排水と通気を兼ねたものですが、こんなので効果あるのかな。

まぁ、ないよりはマシという事で・・・

 

f:id:yokohamamiuken:20190519163815j:image

 

切り粉を綺麗に取ったら牛糞をいれます。

ホームセンターで1袋458円。原付で持ち帰るので2袋が限度ですね!!


f:id:yokohamamiuken:20190519163453j:image

 

これをボックスに入れます。

ふっかふか!! 通気性も良さそうです。


f:id:yokohamamiuken:20190519163442j:image

 

ついでに、落ち葉も大量にあったので入れて見ました。あとで調べたらあまり入れないほうがいいらしいですw

でも、この中にはワラジ虫やダンゴムシが大量に仕込まれているので、彼らも分解に一役買ってくれるかなと思いました。

 

f:id:yokohamamiuken:20190519231049j:image

 

ボックスは地面にじか置きするとジメジメしてナメクジの家とかになりそうなので、ブロックの上に置いてみました。

 

で、一番納得いかないのがこちら。

「スーパー大虫ミミズちゃん熊太郎」。

なにが熊太郎なんだかよくわかりませんが。


f:id:yokohamamiuken:20190519163820j:image

 

大箱ってのもありますが、1箱600円くらいします。

近所の釣具屋で購入しましたが、たかがミミズに600円×2。

たかがミミズ、されどミミズ。


f:id:yokohamamiuken:20190519163809j:image

 

さっそくボックスにぶちまけました。

最初はパニックに陥っていましたが、しばらくして自らの置かれた境遇に気がついたのか。

f:id:yokohamamiuken:20190519163521j:image

 

全身を長く伸ばして、スルスルと牛糞の中に潜っていきました。


f:id:yokohamamiuken:20190519163622j:image
f:id:yokohamamiuken:20190519163750j:image

これで、落ち着くまで1〜2日放置して、ミミズコンポストの完成です。

 

収納ボックスはキッチリフタができるので、またハエが大量発生したりナメクジに覆い尽くされて見るのもおぞましい光景になったりしなければいいな、と淡い期待を寄せています。

 

釣具屋で売っているミミズ、高い割にあまり入っていないのでまだミミズ自体の数が少なく、処理能力に疑問があるところですが、はやくミミズが増えてたくさんの生ゴミを食べてくれるようになる事を願います。