みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

2020-04-13から1日間の記事一覧

海岸通の「タイム」で唐揚げ弁当

県庁から道を挟んで海沿いにある弁当屋さん。 朝早くからやっているし、省庁が休みの日でもやっているのでちょくちょく利用させて頂いてます。 このお店は、なんといってもPayPayが使えるのがありがたいですよね。PayPayは便利だし還元もあるので重宝してい…

南本牧ふ頭の「全日本海員生活協同組合 南本牧店」で天玉そば

南本牧大橋を渡って右手、三菱倉庫の脇にある海員生協。横浜では古くから港湾で働く人のこと、船上で働く人のことを海員と呼んできました。 いろんな意味での中華街の有名店「海員閣」も、元は海員向けの中華料理屋だった事が由来です。 うず高くコンテナが…

港町の「日高屋 関内北口店」で大宮担々麺

JR関内駅すぐそば、その名も「関内駅北口」交差点のすぐ脇にある日高屋です。 このお店は24時間営業という事で実に便利。夜勤の合間にちょいと小腹を満たしに来たりしてね。 朝早くから中華を頂いたり、深夜に定食を頂いたり、かと思えば夜勤明けのオハ…

狛犬ではなく天狗が守る 山中の石祠(真鶴町)

真鶴町の岩郵便局の裏手、住宅に囲まれたひっそりとしたところに、ひときわ目立つ真っ赤な鳥居が建てられているのが分かる。 これは岩のお天王さんとも呼ばれている津島神社で、祭神は素佐之男命(案内看板のママ)であり、寛文4年(1664年)に勧請され…