みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

  愛車はヤマハのシグナスX。   原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
  風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
  インスタのフォローお願いします! クリック Gо!!➡@yokohamamiuken

船橋市本町の「船橋 寿司 天」で極上おまかせ握りコース

 

船橋は好きな街のひとつ。

というのも、親友が住んでいる街なのです。ウェーイ

 

そんな大好きな船橋で、大好きなお寿司が食べたいっ♬

そんな思いを胸に、客引きが群がる人垣をかきわけ!!

 

心を躍らせて、躍らせてビルをエレベーターで4階まで上がりました。

今回やってきたのは、名店出身の大将が握る江戸前鮨 船橋 寿司 天さんです。わくわくっ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054958j:image

 

エレベーター降りてすぐ、右手の暖簾をくぐるとカウンター席。

暖簾の前を通ると個室が並んでいますが、今回は個室で。

 

今回いただくのは、季節の食材をふんだんに楽しみたいね、ということで!

 

◆◇◆極上おまかせ握りコース◆◇◆(税込22000円)です。

(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

 

オシャレな女性店員さんは、ニコニコとしていて丁寧でな接客!!

まさに「ほすぴたりてぃ」あふれるー!! と慣れない横文字を使いたくなります。

 

ちなみに、別料金4000円(税サ込)で飲み放題も付けられますよ♪

うん、魅力的ですが、そんなに飲まないので単品注文でヨロシク!!

 

以下、続々と届けられる感動の嵐!!

 

◆◇◆しじみ一番汁◆◇◆

 

ほっこりホットなシジミのお出汁ですが、この出汁が旨い!!

ジワーーーーンと舌に染み込んでいき、胃も喜んでいますわー。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054930j:image

 

うーん、貝好きにとっては、この先付はすごく嬉しい!!

 

◆◇◆大トロ握り◆◇◆

 

美しく切れ込みの入った、丁寧なお仕事。

これを芸術と呼ばずして、なんと言うのでしょう。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055019j:image

 

そんな芸術を、パクッと一気に・・・!!

 

うーむむむ、口の中に広がる大トロの甘味。

ただ甘いだけではなく、赤酢を効かせた舎利の酸味との相性もよい!!

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055021j:image

 

握り加減、大きさ、食べやすさ、そして見た目。

どれをとっても、文句のないベスト・オブ・ザ・寿司!!

 

◆◇◆前菜五種盛り◆◇◆

 

なんだかすごい皿に乗ってやってきました。

豪華絢爛、金色大好き。豊臣秀吉か!!

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055029j:image

 

シャクシャク食感が楽しい、つるむらさきとやなぎ松茸のおひたし。

 

サッパリ柔らか、あんこうの南蛮漬け。

 

酢の使い方が巧みでサッパリといただける、ぶどう他の酢の物。

 

濃密でとろける、あんきもの蒸し煮。

 

そしていつまでも噛んでいたくなる、濃ゆいカキのオイル漬け。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054950j:image

 

うーん、これは丁寧に作り込まれて、見た目にも美しい。

バエを気にする方は、これだけでも食べに来る価値あるぞ!!

 

◆◇◆握り四種◆◇◆

 

ねっとりプリうま、天然カンパチ。

 

ほんのりユズとコリコリ食感が楽しい、シロイカ。

 

肉厚プリコリ、シャグシャグな身のマアジ。

 

そして、ねっとりと美味しいヘダイ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054937j:image

 

いやほんと、舎利の握り加減からネタの握り込みといい、

ネタの新鮮さと甘さ旨さといい。

 

これぞ、寿司食ってるぞぉぉぉぉぉ!!って気にさせてくれますよね。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054940j:image

 

お寿司は、普段はお箸で食べています。

マナー的にはどちらでも良いのですが、この日ばかりは通ぶって手で食べてみたい。

 

そう思わせてくれるお寿司です。

 

◆◇◆トリュフ茶碗蒸し◆◇◆

 

フタを開けて、何かの輪切り。恐る恐る食べてみると・・・

口の中に一気に広がる、キノコの香り!! これトリュフじゃん!!

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054945j:image

 

正直、トリュフをこうして味わうのって初めてかも。

うーん、キノコ好きには嬉しい、完璧なる大地の恵みの味わい!!

 

さらに、カニの身のアンカケがかかっています。

茶碗蒸しは繊細に作ってあって、フルフルと柔らかな舌触り。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055039j:image

 

舌を通じて伝わってくる繊細な出汁の旨味と、具材やあんかけの味がね。

複雑に協調しあって、これが美味しくないわけがないのよねぇ。

 

◆◇◆旬の焼き魚◆◇◆

 

サワラの幽安焼きとは、また乙なものですねぇ。

幽安焼きとは魚を醤油・酒・みりんを合わせたタレにユズやカボスを加えた焼き物。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054922j:image

 

お魚の身はギュッと締まって、ハッキリとした食べ応えです。

皮目も身も、香ばし〜く焼かれて、魚の旨味が凝縮されています。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055036j:image

 

脇に添えられたサツマイモも、柑橘系の仕立てがなされていて面白い。

甘いはずのサツマイモが、スッキリと頂けるのが技術高いなと思います!!

 

◆◇◆ズワイガニ小丼〜いくら掛け〜◆◇◆

 

こちらも北の味覚をたっぷりと乗せた小丼。

正直、ゼイタクなもんですよね。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055031j:image

 

ズワイの身は、味がしっかりしていて深い甘味が素晴らしい!!

イクラは1粒1粒が立っていて、プチプチと弾ける食感がたまらないですね^^

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055011j:image

 

ちなみに、イクラに白みがかかっています。

これは筋子からほぐしたてな、新鮮&本物の証拠!!

 

◆◇◆雲丹三種食べ比べ◆◇◆

 

これまたゼイタクな・・・痛風もちがこんなの食っていいのだろうか!?

 

サッパリと優しい甘みの、バフンウニ。

 

濃厚でコッテリ感のある、日本酒に合いそうなムラサキウニ。

 

そして、ウニ本来の美味しさを味わえる。

海の中にいたままの鮮度、塩水ウニ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055013j:image

 

そりゃね、どれも美味しいですよ。当たり前です。

しかし、この塩水ウニは一味違う!!

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054935j:image

 

本当に新鮮なウニは、この味なんです。

磯で捕まえたウニをカチ割って食べた、あの美味しさ!!

(良い子はマネしないでね)

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055006j:image

 

海苔に舎利玉を乗せ、ウニを乗せていただけば・・・。

いつまでも、いつまでも噛み締めながら、無言でうなずき続けてしまいますねぇ。

 

◆◇◆蒸しアワビ肝ソース掛け◆◇◆

 

これもまた、日本酒が欲しくなる味。

二枚貝とはちょっと違う、巻き貝の深い旨味がギュギュッと濃縮された逸品。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055001j:image

 

アワビそのものの身も、身が柔らかで噛み心地も至高!!

そこに、アワビの旨味を詰め込んだ、肝のソースがかかってるんですものね(´Д` )

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054932j:image

 

うーん、噛めば噛むほど貝の味があるれるわー。


◆◇◆中トロ入り握り五種◆◇◆

 

プリップリで味わいの深い車エビ。

 

コンブの香りと旨味がギュッと詰め込まれた、真鯛のコブじめ。

 

赤身ならではの味の深さに思わずニンマリ、赤身の漬け。

 

青魚の香りが素直に嬉しい、こはだ。

 

そして、忘れちゃいけない中トロ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055034j:image

 

うーん、やはり職人さんの手によって丁寧に握られたお寿司は違います。

舎利がふっくら、ほっこり。ネタとの調和も素晴らしい!!

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055026j:image

 

高い寿司や美味しい寿司って、たまにしか食べられないものですよね。

その「たま」の一店をどこにするか、店選びは本当に大事だなっと思いました。

 

こちらでいただくお寿司は、噛み締めるたびに無言になってしまう。

薄っぺらい褒め言葉で飾るのではなく、ただただ無言で噛み締めてしまいます。

 

◆◇◆季節の逸品◆◇◆

 

今回は、「たらの白子のゆずがま蒸し」。

うーん、あっつあつ!! 出来立ての温かさです。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055003j:image

 

ひと口チュルッといけば、まぁ! おいしい・・・(ノ∀`)

 

ゆず味噌で仕立てた白子の柔らかさ。

ゆずの香りの中に活きる、白子のクリーミーさ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054917j:image

 

ひと口ひと口から伝わってくる作り手の手間ひまが、心中をも温めてくれまする。

 

◆◇◆穴子・巻物・玉子◆◇◆

 

ふっくらと柔らかく、甘いタレと相性がよい穴子。

赤酢の舎利で巻かれた、トロトロにトロける鉄火巻き。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055042j:image

 

そして、玉子を蒸して作られた、和風プリンとも言える柔らかな逸品。

そのひとつひとつが、フィナーレを飾るにふさわしい美味しさですねぇ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055024j:image

 

◆◇◆お椀◆◇◆

 

こちらは、あおさのお味噌汁。

うーん、海藻大好きなので嬉しい!! 

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054956j:image

 

海藻は、カジメ・コンブ・もずく・そしてアオサが好きです。

 

飲むごとに身体中を包みこむ、優しげな磯の香り。

飲むごとに舌をジンワリと喜ばせるコク!!

 

ほんと、日本人で良かったなぁと思います。

 

◆◇◆デザート◆◇◆

 

今回は、「和栗の羽二重餅」。

もちもち冷たくてさっぱり。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209055016j:image

 

和栗がポクポクと素朴な食感を伝えるね!!

甘さも控えめで、比較的食べやすいです。

 

f:id:yokohamamiuken:20211209054920j:image

 

美味しいお寿司と逸品料理、そしてデザートとお茶。

あー、落ち着くわー。

 

◆◇◆後記◆◇◆

 

ホントね、このお店は横浜から来た甲斐があります。

もちろん、横浜にも美味しいお寿司やさんはたくさんあるんですよ。

 

しかし、このお店のお寿司はお値段以上のお値打ちがありますよね。

まさに、常識を超えたおいしさ。

 

お酒の種類も豊富だし、お酒をしんみりと嗜みながらお寿司をつまむ。

そんな優雅な時間を過ごせる、大人な空間なんだなぁと思います。

 

 

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

※食べログでは表示されません

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

名店出身の大将が握る江戸前鮨 船橋 寿司 天

 

 

┳┳┳フォローお願いします!!┳┳┳

 

 instagram ( @yokohamamiuken )

 食べログ  ( みうけん )

 Twitter ( @yokohamamiuken )

 

基本、毎日更新しています!! 

 

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。