みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

中区福富町仲通の「青香延」でいろいろ

 

ここに来たのは3ヶ月ぶりでしょうか。

横浜屈指のアダルティでデンジャラスな街、泣く子も黙る福富町。

 

そんな福富町に、もう10年以上もある中国東北料理のお店です。

最初こそ延辺朝鮮族料理の店として名を馳せていましたよね。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221446j:image

 

あれから月日は流れて、もうすっかり東北料理として定着したようです。

 

いつもは中国人のお客さんで賑わい、店内もモクモクスモーキー。

しかし、今日は他にお客さんがいなくて空気が清浄なので快適です。

 

料理の香りが席まで漂ってくるなんて、なんてスバラしい演出なのだろう!!

 

そして、いつもの突き出し3種。

今回はキムチではなくタクアンでした。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221454j:image


てなわけで、色々と注文したうちから

 

「夫妻肺片」(牛肉豚タンハチノスの和え:880円)

 

これは、パクチーが好きならば必ず「パクチー入れて!!」と言わないとね。

勝手にパクチー無しにされます。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221457j:image

 

「日本人はパクチー嫌いな人が多いから」という理由ですが、一言聞いてくれよな。

 

それにしても、この絶妙に甘すっぱいタレよ。

このタレが並々と入った中に、プリプリの牛のホルモンが入ってるのよね。

 

これがいつ食べても絶品。

粗く刻まれたピーナッツも良い味を出しているなぁと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221443j:image


「羊肉串」(羊肉の串焼き:130円)

 

盐味(塩味)が2本、延边风味(延辺風味:クミンなどのスパイシーな風味)が2本。

 

これは、クミン・唐辛子・ごまの盛り合わせスパイスと共に供されるので、お好みで。

羊肉独特の風味が生きていて、もちろんそのままでも充分美味しいです。

 

このスパイス盛り合わせは色々と使えるので、最後までとっておきましょう。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221440j:image

 

「香辣虾」(海老の香辛料仕立て:1080円)

 

これはタダでさえ紅い海老を、さらに真っ赤なソースに絡めた刺激的な逸品。

海老の頭はジャクジャク、海老の身はブリブリ。

 

これは、かなり食べ応えがあるなぁ!!

 

味付けも麻辣とはまた違った「香辣」ですからね。

口に含むごとに感じる香ばしさとスパイシーさはお酒が進みます。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221434j:image

 

「土豆牛肉盖饭」(牛サーロインとジャガイモ飯:1080円)

 

これは、辛いものが苦手な方にも食べやすい逸品でしょう。

 

甘いタレをからめた牛肉とジャガイモ、その他の野菜たち。

しっかり出された野菜のダシと、中国醤油を絡めた奥深い甘さ。

 

モギュモギュな牛肉、ホックホックなジャガイモ。

ジャキジャキなチンゲンサイとプリッとしたニンジン。

 

個人的に、特にジャガイモが大好きなので、これは実に嬉しいな!!

ごはんの量もしっかりあって、これだけで立派に一食まかなえます。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221500j:image

 

「酸菜蒸饺子」(豚肉と漬け白菜餃子:8個650円)

 

このお店に来たら、手作りの蒸し餃子は外せないよ!!

手作りのモチモチな皮に、酸菜をたっぷり仕込んだサッパリしたアン。

 

これは、添付されてくる餃子のタレももちろん美味しい。

しかし、前述の羊肉串のスパイスを付けて口に放り込むのも乙なもの。

 

あら熱が取れたら丸ごと口に入れ、ほとばしる肉汁と共に堪能する。

これぞ、本当に美味しい餃子の食べ方だと思いますよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221431j:image

 

「清炖牛尾汤麺」(塩煮込牛テール湯麺:1080円)

 

これは必ず注文しています。

読んで字のごとく、牛テールをじっくり煮込んでとったスープのラーメンです。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221514j:image

 

このラーメンのスープは、とにかく牛肉のコクが素晴らしい。

余計なものは一切入れず、しかしてじっくりと丁寧に煮出したコク。

 

優しくもあり、ガッツリとくる味わいでもあり。

これぞ本当に美味しいラーメンだなといつも思います。

 

これは韓国料理であるコムタンに、麺とパクチーを入れたようなラーメンですね。

コムタン自体、元は満州地方の郷土料理だそうですからね。

 

これは〆にふさわしい逸品ですよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20211012221508j:image

 

このお店は少々値は張りますが、それだけの価値を見出せるお店です。

これだけ食べて、飲み物飲んで合計8000円でした。

 

4人で行ったので、1人あたま2000円と考えればそんなにバカ高くもないのかな。

久々に美味しい中華を食べた満足感を胸に、夜の横浜の街へと帰っていったのでした。

 

 

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

青香延中華料理 / 日ノ出町駅桜木町駅関内駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7