みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

港南区上大岡西の「壱六家 上大岡店」で並ラーメン&のり

 

上大岡のカミオ2階の奥にある家系ラーメンのお店。

ここは生ガラを炊き出しているお店ですよね。

 

チェーン店にしては、しっかりとしたお仕事をされていると思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20210907215623j:image

 

最近は、セントラルキッチンや量販品などでもいいダシが売り出されているようですが、やはり目の前で豪快に煮出されている豚骨を眺めながらの一杯は至極です。

 

さて、今回の注文は何にしましょう。

 

「並ラーメン」(700円)

「のり」(50円)

 

これでしょう。

 

ただし、四十路も半ばに差し掛かったことを考慮するならば、迷わず油少な目。

昔はチャーシューメン中盛りにライスくらい食えたんだけどなぁ。

 

あ、麺の硬さ、味の濃さは「ふつう」です。

というわけで着丼です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210907215625j:image

 

うーん、この豚骨の良い香り。

この完成されたビジュアル。

 

本当にラーメン、ことに家系ラーメンというヤツは。

それ一杯で完成されたお食事なんだなぁ、と改めて噛み締めます。

 

まずはスープから。

うーん、もう一口。

 

まずガツンとくる醤油の塩気、後から追ってくる豚骨のコク。

舌にじんわり染みてきます。

 

豚骨と醤油のバランスが良くて、これはいかんな。

いくらでも飲めてしまう、実に不健康なスープです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210907215627j:image

 

麺は麺で、まぁ家系独特の麺である事は疑いないけれどさ。

 

やはり茹で加減はバッチリですね。

良い仕事をされているなと思います。

 

この適度にコシを残した絶妙な茹で加減。

ラーメンは麺の茹で加減が実に大事ですが、このお店は間違いがありません。

 

f:id:yokohamamiuken:20210907215620j:image

 

具材は、スモークの効いたチャーシュー。

適度に柔らかく、適度に脂身。

このチャーシューも、実にうまい!!

 

ノリは8枚だっけな。

しっかりしたノリで、スープをよく吸います。

 

本当はね。ライスにちょびっと豆板醤を乗せて!!

さらに、スープを吸わせたノリで巻いて食べるのが個人的に好きなのです。

 

でも今はそんなに食べられないのでね。

麺を巻いていただいています。

 

ほうれん草はクタクタ、量はしっかり。

おまけにウズラさんの卵が付いてきますが、プリプリポクポクで食べていて楽しい。

 

やはり、このお店は個人的に好きなお店ですね。

お店の中の変な張り紙が雰囲気をブチ壊していますけどね。

 

主義主張はそれぞれあって良いと思いますし、決して否定はしませんがラーメンを食べに来た客に押し付けるのは如何かなと思います。

 

知り合いの中でも、あの張り紙が嫌だから行かないと言っている者も多いです。

そこが改善できれば、本当に良いお店だと思います。

 

 

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

壱六家 上大岡店ラーメン / 上大岡駅港南中央駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.8