みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

国頭郡恩納村字瀬良垣の「なかむらそば」で沖縄そば

リゾート地万座毛のすぐわきにある、地元では人気の沖縄そば店。

なかなか広い駐車場を完備していますが、それだけ多くのお客さんが訪れるという証左でもありますよね。

実際、この時もお店の外に待ちが出るほどの人気ぶりでした。

 

f:id:yokohamamiuken:20210716233037j:image

 

お店のシステムとしては食券を買う→順番待ち用紙に名前を書く→呼ばれる→指定された席に着席と同時に食券を渡す→料理出る→食う、という順番で進んでいきます。

 

というわけで食券機で食券を購入。

うーん、いろいろ買ったわ。

これは贅沢。

 

f:id:yokohamamiuken:20210716233034j:image


まずは細君が注文した「アーさそばセット」(950円)のうち、アーサそばをいただきました。

これはアオサを練りこんだ健康的なアーサそばに、漬物とじゅーしぃが着いてくるガッツリセットです。

つゆにもガッツリとアーサが入っていて、とても香ばしく磯の香りが嬉しい一杯です。

上に乗せられたラフティは赤身が多く、適度に肉の食感をのこした食べ応えのあるもの。
 
f:id:yokohamamiuken:20210716233030j:image

 

セットのじゅーしぃも見逃せません。

じゅーしぃとは「雑炊」を語源とする炊き込みご飯なんですが、関東人にとっては聞きなれない言葉でもあります。

その反面、実際に食べてみると実に慣れ親しんだ炊き込みご飯の味。

ほんのりと味がついたごはんは、あっさりとした沖縄そばとの相性も抜群です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210716233012j:image

 

みうけんが選んだのは、1日6食限定という「てびちそば」(850円)。

みうけんはてびちが大好きなのです。おそらく、数ある沖縄料理の中で一番好きな料理だと思います。

この日は昼過ぎだというのに、まだ残っていたので当然なる選択です。


f:id:yokohamamiuken:20210716233043j:image

 

微妙にあぶってあるてびちは、実にトロットロ!!

良く煮込まれた豚足の旨味と食感はいくら食べても飽きることがないですね。

しかし、関東人のなかでは人気がないのか、うちなんちゅの中では人気がないのか、こんなうまいものがなぜ限定にも関わらず残っているのか、不思議で仕方ありません。

こんど家でも煮ようっと!!

 
f:id:yokohamamiuken:20210716233047j:image

 

麺もポクポクした食感で、中華麺ともうどんとも違ったもの。

ゆで加減も絶妙で、量もしっかり入っていて食べ応えは充分です。

つゆも優しいかつおだしの味わいで、体にじんわりと染み入る美味しさでした。

 

f:id:yokohamamiuken:20210716233025j:image

 

沖縄はラーメン屋さんが少ない代わりに、どこに行っても沖縄そばのお店がありますが、その数多くあるお店の中でもこのお店にたくさんのお客さんが集まる理由も、よく分かる一杯だと思いました。

 

備忘録としてメニュー写真を載せておきます。

 

f:id:yokohamamiuken:20210716233017j:image

f:id:yokohamamiuken:20210716233040j:image

 

 

 

 

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

 

なかむらそば沖縄そば / 恩納村)
昼総合点★★★★ 4.0