みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

中区伊勢佐木町の「杜記 海鮮火鍋菜館」で泡椒魚片

ずいぶんと久々なイセザキモールです。

この日は夜勤明けで、昨晩から何も食べていなかったばかりか、行きたかったお店がみんな定休日だったりして昼飯難民となり、彷徨っていたところに救世主の如く現れたのがこのお店でした。

 

f:id:yokohamamiuken:20210622174018j:image

 

もうなんでもいい、とりあえずお腹にいれたい!! とフラフラしながら入店。

「営業中」の札が燦爛と輝く姿は、無限地獄に降りてきた一本の糸のようです。

こういう時に通し営業というのは、本当にありがたいものですね。

 

f:id:yokohamamiuken:20210622174027j:image

 

店内では、たくさんの先輩たちが 紫煙くゆらせ、談笑に花を咲かせる平日の昼下がり。

緊急事態宣言も解除になって19時までお酒が出るとあって、この日も飛ぶように紹興酒のボトルが開いているようでした。

まさに、ハマの元気はここにあり^^

 

さて、みうけんもちょっと飲みたいなと思いつつ、今回は定食メニューから「泡椒魚片」(白身魚の四川炒め:800円)にしてみました。

忙しそうなのに笑顔を絶やさない姐に注文し、5分くらいで到着です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210622174040j:image

 

まずはスープから。

優しい味付けで、具材はワカメ・豆腐・玉子といったオーソドックスなもの。

これで胃にエンジンをかけて、臨戦態勢にもっていくのです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210622174033j:image

 

ではさっそく、泡椒魚片を。

泡椒というのはあんまり辛くない唐辛子を酢漬けにしたもので、中国版ハラペーニョともいうべきか。 

魚はしっかりと衣に包まれていて、フワフワな食感。

麻辣が際立つタレは酸味も効いていて、これはたまらなくうまいですね!!

具材も魚の他にキクラゲ・ニンジン・タケノコ・キュウリと種類が豊富で、実にご飯がススム味わいです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210622174014j:image

 

ごはんはちょい固め、量はたっぷり。

まぁ特筆すべき事もない普通のごはんなんですが、この泡椒魚片には白いご飯がよく合いますね。

ピリ辛でしっかり麻辣な泡椒魚片をオカズにバババとご飯をかっこめば、これだけで生きてて良かったなぁと思えるごちそうです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210622174023j:image

 

デザートは、杏仁豆腐。

大きなバットに作って、お玉で掬い入れた手作り感のある杏仁豆腐。

杏仁の爽やかな香りを感じる、本格的な杏仁豆腐です。

 

また、こういう店ではだいたいザーサイが出て来ますが、この時は漬物でした。

これは大根ではないな。瓜かな?

ちょっと不思議な食感と風味が、なかなかイケるのです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210622174037j:image

 

やはり、このお店は麺類を食べても、定食を食べても間違いがないお店ですね。

通し営業というのもありがたいし、また機会があれば利用させていただきたいと思います。

 

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

杜記 海鮮火鍋菜館中華料理 / 伊勢佐木長者町駅日ノ出町駅関内駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5