みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

【日本産?ブラジル食材】TEMPERO PRONTO p/CHURRASCO(テンペロ・プロント・パラ・シュハスコ)(ユリショップ)

先日、自宅でBBQをしました。

みうけん家は横浜の最高峰、円海山系の山々に囲まれているので、普通に庭でBBQができるのですね。

 

まぁ普通の肉を焼いても問題ないのですが、せっかくですから美味しいのが食べたい!! とやってきたのが、こちら。

ブラジル弁当やブラジル料理がおいしくて、常々愛用している鶴見は「ユリショップ」さんです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210602132624p:image

 

このお店は冷凍のポンデケージョ、ケーキ、肉、そしてブラジリアンウインナーなど、実にいろんな食材が揃っています。

その中で、目をつけたのがこの「TEMPERO PRONTO p/CHURRASCO」(テンペロ・プロント・パラ・シュハスコ)です。

 

まぁ、要するにアジシオですな!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210602173924j:image

  

 

焼いた牛肉の、最も美味しい食べ方って何でしょう。

みうけんは断然、レアな焼き加減で「わさび&醤油」か「塩のみ」かが好みですねえ。

肉本来の味が存分に味わえる楽しみ方だと思います。

 

この商品は、原塩、スパイス、にんにくなどをブレンドしたものらしいですが、残念なことに香辛料の名前などは書かれていません。

ただ、袋を開けた時にツーンとくるニンニクの香りが食欲をそそりますね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210602173928j:image

 

 

とは言え、粒がけっこう荒いのでソルトミルは必須です。

ミルに入れてガリガリガリガリ

 

f:id:yokohamamiuken:20210608092435j:image

 

見た感じ黄土色の塩で、ツーーーーンと香ってくるニンニクの香り。

ちょっと舐めてみても、ガツンとくる不思議なスパイスの味わいと塩の旨味がものすごいです。

これ、どんなレシピで作ってるんだろうなぁ??

 

さっそく、串刺しにした牛肉へ。

これは肉のハナマサで買ってきたやっすい牛肉。 赤身のランプなどで作るのが本場のシュラスコっぽくなりますね。 これにお塩をフリフリ。

 

f:id:yokohamamiuken:20210606100527j:image

 

さっそく焼きました!!

う〜ん、なんとも良い香りですねぇ。

やはり夏はBBQとおビールだな!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210606100547j:image

 

・・・と、ここまで書きましたが、この時は焼くのに夢中で、しまいには酔っ払ってしまったので、味はあまり覚えていないという失態(笑

なので、後日再び味わってみることにしました。

 

こちらは、みうけんさんがたまに食べている肉のハナマサの豪州産ランプステーキ。

これで450グラムです。

ステーキの量としては多いですが、ご飯も何もなしに、ひたすら肉だけ食べるし脂身が全くないので意外とペロリといけちゃいます。

 

レアに焼いたステーキに、この塩を振ってしばし馴染ませてからガブリ!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210608092449j:image

むむむ。

肉はやっぱり塩か、わさび醤油ですね。

特に、このブラジルの塩は肉の旨味をギュッと引き出す鮮烈な塩気に、ニンニクを始めとした香ばしくもコクのある香辛料が、肉の旨味にガッツリとマッチしています。

 

みうけんの中では肉といえば赤身の牛肉が一番美味しいかな、と思いますがブラジルでも牛肉の、それも赤身の肉をたくさん食べるお国柄です。

 

やはり、このように肉をたくさん食べる国のスパイスは、肉によく合うように作られているなと思いました。

この塩は、味わいが深いので肉以外の料理のアクセントとしてもいろいろ使えそうですね。

 

このTEMPERO PRONTO p/CHURRASCO(テンペロ・プロント・パラ・シュハスコ)は、牛肉好きな皆様にも是非ともアツくオススメします!!